この記事は18,460回アクセスされました。, 犬の下痢はよく見られる症状で、大抵の場合は深刻な問題ではありません。一過性の軽い下痢であれば家庭で手当てができるため、動物病院に行かずに済みます。しかし、ときには獣医師の診察が必要なほどに深刻な症状に発展する場合もあります。, 獣医、Royal College of Veterinary Surgeons(王立獣医師会), 当社はwikiHowの利便性を高めるためにクッキーを使用しています。当ウェブサイトを利用することにより、利用者は当社の, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/0\/0a\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-1-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-1-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/0\/0a\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-1-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-1-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/6\/67\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-2-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-2-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/6\/67\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-2-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-2-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, Textbook of Veterinary Internal Medicine. 体調不良でもしかしたら熱があるかも…と思う時ってありますよね。 しかし出先で体温計はなし…そんな時あなたならどうしますか? 実は体温計を使わなくても熱を測る方法があるんです! 今回はそんな、ちょっと試してみたい体温計以外の熱の測り方についてご紹介します! ペットの健康に役立つ情報を発信しています。. 大きな物音や雷鳴、掃除機などの電化製品、トラックの騒音などにびっくりして震える時もあれば、人見知りをする犬の場合は、知らない人が家の中に入ってくるだけで震えたりすることもあります。お風呂が嫌いな犬は、お風呂に入れられると感じただけで気分が落ち込み、恐怖で震えだします。 ●ジステンパー この記事の共著者 Pippa Elliott, MRCVS. 最終更新日:2017/07/03. 犬が体調不良により震えている時は、外科的要因と内科的要因の2つのケースが考えられます。, 外科的要因とは、ケガのことです。カラダのどこかに傷がある、骨が折れている、もしくは外れているなどで痛みを感じている時、痛みを訴える手段として震えることがあります。 黄疸:肝臓疾患、腸管閉塞、膵炎、バベシア、レプトスピラ、溶血など, 粘膜部分や皮膚が、いつもの色と比べると黄色っぽい。オレンジ色っぽいならば黄疸が考えられる。, 飼い主が見て黄疸かどうか判断しやすいのは、白目の部分。腹部の毛が薄い部分も皮膚の色が分かりやすい。, また、全身性の内出血があったり、血液中の血小板が減少していると、赤から紫の斑がお腹や体中に出てくる場合がある。吐血など大量の出血がある前にそれらが見られることもある。, 【考えられる病気】 ●内分泌の異常 熱・鼻水・咳など風邪に似た症状がある; 犬に元気はないけど、食欲があるときはどうしたらいい? 気になる初期症状は獣医師に相談してみる; 犬の危険なサインを見逃さ … カラダの震えだけで疾患を特定することは難しいため、動物病院での総合的な診療が必要となります。, 柴犬の震えを止めるためには、その原因を取り除いてあげることが重要です。 犬が体調不良により震えている時は、外科的要因と内科的要因の2つのケースが考えられます。 外科的要因 カラダのどこかに傷がある、骨が折れている、もしくは外れているなどで痛みを感じている時、痛みを訴える手段として震えることがあります。 犬の「平熱」は何℃かご存知ですか?犬も人間と同じように具合が悪い時には発熱することがあるため、「平熱」や「熱の測り方」を知っておくことは、犬の健康チェックに役立ち、病気の早期発見に繋がります。今回は犬の「体温」についてお話しします。 被毛だけでは耐えきれない寒さを感じると、柴犬はカラダを震わせます。これは人間と同様に、筋肉を小刻みに震わせることで熱を発生させ、体温の低下を防いでいるのです。, 柴犬が嬉しさや喜びを感じ、興奮することでカラダを震わせることがあります。たとえば、留守にしていた飼い主が帰ってきた時などは、「待ってました! 最新情報をお届けします. 愛犬の様子がおかしいとき、すぐに動物病院に連れて行くべきなのか、様子を見たほうがいいのか飼い主さんでは判断が難しい場合がある。そこで今回は発熱、出血している、ぐったりしているなど犬の緊急サインについて解説。愛犬を守るためにも知っておこう。 例えば、平熱が37度の人は、体温が37度の状態は発熱しているとは言いませんが、平熱が36度を下回るほど低い人なら、体温が37度を超えると発熱している、ということになります。, 犬の場合も、当然個体差があります。体格による差もありますが、同じ犬種で同じくらいの体格でも平熱に差がある場合があります。ですので、まずはご自分の愛犬の平熱を知っておきましょう。, この部位は普段冷たいので、ここが熱く感じたら発熱している可能性があります。また、普段からこの部位に触れておき愛犬の平熱の状態を把握しておきましょう。, 人間でも朝の起床時は体温が低く、活発に活動した後では体温が高くなります。体温を計測する時は、常に同じ状態の時に測るようにしましょう。犬がゆったりと落ち着いている時に、動物用の体温計を使って計測します。, 普段からしっかりとスキンシップしておかないとかなり難しいと思います。いきなり計測に挑戦するのでなく、しっぽを上げて、肛門付近に触れても嫌がらないように関係を築いておきましょう。, また、最近は家庭用に一秒で計測できる動物用の体温も販売されています。こう言ったタイプの体温計なら計測も素早くできます。, 散歩に行きたがらない。散歩に出てもすぐに帰りたがる。お家の中でもすぐに横になりたがったりしている, 普段、元気な子なら飼い主さんに呼ばれたり、おやつをもらえる時には目を輝かせているはずですが、熱が出ていたり、体に異常があると、目に生気がなく表情も鈍くなっています。, 「熱があるかも知れない」と思ったら、かかりつけの動物病院に出来るだけ早く見て貰うのが大原則です。, 動物は、人間よりも病気が重症化するスピードが早く、たった一日の油断が取り返しのつかないことになりかねません。「発熱の兆候がある時にやるべきこと」とは、動物病院を受診する際、発熱以外にどんな症状が出ているかを獣医さんに伝えるために犬の体の状態を把握することです。, まず、どのくらい熱が出ているのかを計測します。平熱を把握しておくと、どのくらいの高熱が出ているかが分かります。, 発熱する時は、病気あるいは怪我が原因になっているはずです。発熱している最中に貧血や、黄疸が出ている場合もありますので、犬の口の中の色が白くないか、白目が黄色がかっていないかをチェックしておきましょう。, 「前に熱が出た時にもらった薬があるから、とりあえず、それを飲ませておこう」と考える飼い主さんもいるかも知れません。, けれども、熱が出る原因が解消されるワケではないので、素人判断で薬を飲ませるようなことはせず、愛犬が発熱し体調が悪いと感じる時は出来るだけ早く動物病院を受診しましょう。解熱剤を飲ませることでかえって病状が悪化してしまうこともあります。, 大切なのは、「熱が出ていること」にいち早く気が付くことです。そのために元気な時から平熱を測っておくこと、口の中、耳の付け根や足先の温度、食事の量などを把握しておくように心がけましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. 犬の下痢を治す方法. 公開日:2017/04/14   Ettinger. 犬の発熱について原因や対処法等、高熱から病気が発覚した経験があるミルク(ミニチュアダックス)をモデルにお話します。, しかしこれはあくまでも一般的な平均であって、犬種や年齢によって違いがあるとされています。, 例えばミルク(ミニチュアダックス)の6歳現在の平熱は38.4度ですが、生後6ヶ月までは39.0度、3歳では38.7度でした。, (産まれてから、もしくは迎えてから毎日測定して年単位で平均値を出しています) 他、犬の在宅看護士、愛玩動物介護士、ペット栄養管理士の資格取得に向けて鋭意勉強中です。. 犬も体調を崩して発熱することがあります。 犬の発熱について原因や対処法等、高熱から病気が発覚した経験があるミルク(ミニチュアダックス)をモデルにお話します。 犬の平熱と発熱 何度くらいが平熱? 大型犬の平熱は37.5度~38.5度前後。 ●低血糖症 コーギースタイル Vol.33『緊急症状を知っておこう』より抜粋 犬が発熱して震える! 愛犬が発熱して震えていると「風邪かな?」と思う飼い主が多いかもしれませんが、実は犬に「風邪」という病気はありません。 発熱や体の震えは多くの犬の病気で現れる症状です。気付きやすい症状ですが、すぐに手当てをしないと命に関わることもあります。 #しつけ #ごはん #シニア犬 #健康管理 ●狂犬病 ●低体温症 けいれん発作:てんかん、脳炎、脳腫瘍などの脳疾患。中毒、低血糖症、尿毒症など。, けいれん発作が起こっても、5分以内におさまって犬自身もケロッとしているなら、しばらく様子を見ておいてもいい。, 5分経ってもけいれんが治まらない、5分経っても意識がないという場合は、少しでも早く対応してもらう必要がある。, けいれんが1~2時間続けば、命にも関わる。まずは動物病院に電話を入れて指示を仰ぐこと。, また、突然意識を失った場合も何かしら異常があると考えよう。1分以内に起き上がって、その後普段と変わらなければ様子を見てもいいが、2、3分経っても起きない、悲鳴をあげてから倒れたならば、動物病院で診てもらうこと。, 血を吐く場合も、出血した部位によって違いがある。胃ならばオエッと吐いたり、肺ならば勢いよく吐いたりするが、飼い主には区別はつけにくい。いずれにしても血を吐いたら、量に関わらず直ちに動物病院へ。, また、真っ赤な血尿が大量に出た場合も、そのままにしておくと貧血を起こすため緊急症状となる。この場合も様子を見たりせずに動物病院へ連れて行くこと。, 目を離している隙に、愛犬がうっかり何かを食べてしまった、何を飲み込んだのか分からないけれど、ぐったりしている時は早めに動物病院に診てもらうこと。, 散歩中に拾い食いの傾向があるならば、散歩コースに犬が口にしてしまうようなものがないかよく見ておこう。, ここで紹介した症状以外にも様子を見たりせず、すぐに動物病院へ連れて行かなければならない状態がある。, 例えば交通事故や高い場所からの転落事故の場合は、見た目に問題がないとついつい様子を見てしまいがちだ。, しかし、内臓などに何らかの異常があることもある。念のためにも早めに動物病院で診てもらうことを心がけよう。, 緊急症状だと思っていても、もしかしたら数日前からその症状が起こっていたということもある。, 愛犬の様子がおかしいと思ったら、早めに動物病院で診てもらうことが大切だ。症状を悪化させれば、それだけさまざまな検査が必要となったり、合併症を引き起こす可能性がある。, もちろん、突然愛犬の具合が悪くなることもある。そんな時のために、かかりつけの動物病院が夜間や休日でも診察してもらえるのか確認しておこう。診察時間外の診察を行っていない場合は、緊急時用に連携している動物病院を教えてくれることもある。, 愛犬の状態が緊急症状なのか分からない場合、まずは動物病院に電話で相談すること。愛犬の症状を詳しく説明し、すぐに連れて行ったほうがいいのか、それとも明日まで様子を見て診察時間内に連れて行けばいいのか判断してもらおう。, 関連記事:便秘、吐き気、下痢……。緊急性は高くないけれど注意したい犬の症状 ●脳や神経の異常(てんかんなど) ※掲載されている写真はすべてイメージです。. 他に保護犬(15歳)1頭、保護猫(1~16歳)6匹を飼育、犬の飼育に関するドッグライフトータルアドバイザーとしても活動中。 脱水腫(感電や強い揮発性ガスを吸い込んだなども含む)、肺炎(誤嚥性肺炎を含む)、胸水、咽喉頭麻痺、誤食による呼吸困難、器管の気道閉塞など, ハァハァと空を見上げるようにしてあえぎ、呼吸が速い場合は、肺や胸、器官や食道に何らかのトラブルが起こっている可能性が考えられる。, 舌の色をチェックして、紫色ならば酸素不足で窒息状態、紫とピンクの中間のような色ならば肺水腫を起こしている場合がある。様子を見ずに早めに病院へ。, また、電気コードを噛んで感電した、漂白剤やカビ取り剤、ペンキなどの揮発性ガスを吸い込んだ場合も、それが原因で肺水腫を招くことがある。これらはすぐに症状が出ずに、だいたい24時間後に呼吸が苦しくなって命を落とすケースもある。気づいたらすぐに受診を。, 【考えられる病気】 愛犬の身体を触ると、いつもより熱い気がする、いや間違いなくいつもより熱い。そんな経験はありませんか?犬の身体を触ると熱いのは、何点かの原因が考えられます。もちろん良い症状ではないのは確かです。犬の身体が熱いことで考えられ …, 愛犬の身体を触ると、いつもより熱い気がする、いや間違いなくいつもより熱い。そんな経験はありませんか?犬の身体を触ると熱いのは、何点かの原因が考えられます。もちろん良い症状ではないのは確かです。犬の身体が熱いことで考えられる原因についてご説明いたします。, 犬の平均体温は人間よりも熱い38.0℃前後です。そのため、日頃から犬の身体に触れていないと、犬がいつもより熱いことには気が付きにくいでしょう。, 人間と同じ平均体温を基準にすると、犬の身体は熱く感じます。犬が発熱であると考えられるのは大体39.5℃です。犬が発熱をしている場合は病気の可能性も考えられます。早めの対処が必要になります。, 犬の発熱は、多くの場合で疾患と関連して起こり、体内で何かしらの原因で炎症が起こっていたり、感染に対する体の免疫反応であったりと様々な状況が考えられます。, 発熱があることは体のどこかに不調があるサインとなるのです。一方で犬の体温が外部環境によって熱くなってしまうケースがあり、これは発熱と区別されます。, 熱中症は夏場に換気のされていない室内など、室温が上昇することにより体温が不適切に高くなってしまう状態を指します。また、室内でも極度に蒸し暑い日には熱中症を発症することもあります。, 犬の熱中症の原因で一番多いのは、閉め切った車内での留守番によるものです。熱中症の症状としては、体温の上昇からはじまり、呼吸が荒くなる、嘔吐すること等があります。, 症状が進行してしまうと失神等の症状があらわれ、命にかかわることもありますので、適切な環境下で飼育できるように注意しましょう。, 犬の発熱は、いくつかのチェックポイントがあります。まずは犬の呼吸。犬は呼吸を介して体の熱を外に逃がし、体温調節をします。ハァハァとするこの浅くて頻回の呼吸はパンティングと呼ばれます。, よだれを出しながら激しく呼吸をしていればいるほど、犬の体温は高いと言えます。また、犬の耳の粘膜部分は被毛が少ないため、体温がわかりやすい箇所です。重症では体が熱いにも関わらずパンティング呼吸もできず、沈鬱な状態となります。すぐに動物病院へ連れて行きましょう。, 犬が発熱している時は、呼吸をいつもより激しくしているため、脱水症状にならないように頻繁に水を与えるようにすると良いでしょう。, また、熱中症による高体温を発見した場合にはまず室温を低くする、被毛を水で濡らして放熱を促す対処をしましょう。この場合も、必要に応じて動物病院の受診をお勧めします。, 犬の身体がいつもよりも熱いと感じるのは、いつも犬と触れ合っているからだと思います。犬と日頃からコミュニケーションをとらないと、犬の異変に気付くことができません。, 犬は元気そうに見えても、食欲がなかったり、ストレスを抱えていたりして、身体に異変が現れることがあります。犬のいつもの体調を知ることで、発熱をはじめほかの病気を早期発見するきっかけにもなるでしょう。, そのため、日頃から犬とコミュニケーションをとり、少しの異変にも気が付くことができるようにしておきましょう。, 犬の身体が熱いのは、安易に発熱だけだと判断してはいけません。犬の発熱は病気の症状のひとつである可能性もあり、ただ単に身体を冷やすことで症状が治まるわけではないこともあります。特に熱中症等は、放っておくと命にかかわる病気であり、夏季には特に気を付けなければなりません。いつもよりも愛犬の身体が明らかに熱いと感じた場合には、なるべく早めに動物病院へ連れて行き、原因の特定をすることをおすすめします。, Pet's All Rightの公式アカウントでは、   犬の病気を「症状」や「病名」で探すことができます。飼い主さんが自宅でできる予防方法、気になる症状が病気なのかどうか、チェックする方法などをわかりやすく解説します。 ●破傷風 Copyright ©  Fanimal All rights reserved. Publisher: Saunders, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/0\/05\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-3-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-3-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/0\/05\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-3-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-3-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/1\/1e\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-4-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-4-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/1\/1e\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-4-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-4-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/9\/9a\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-5-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-5-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/9\/9a\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-5-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-5-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/e\/e6\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-6-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-6-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/e\/e6\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-6-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-6-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/8\/87\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-7-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-7-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/8\/87\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-7-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-7-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/2\/2f\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-8-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-8-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/2\/2f\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-8-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-8-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"
<\/div>"}, {"smallUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images_en\/thumb\/f\/f5\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-9-Version-3.jpg\/v4-460px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-9-Version-3.jpg","bigUrl":"https:\/\/www.wikihow.com\/images\/thumb\/f\/f5\/Treat-Dog-Diarrhea-Step-9-Version-3.jpg\/v4-728px-Treat-Dog-Diarrhea-Step-9-Version-3.jpg","smallWidth":460,"smallHeight":345,"bigWidth":"728","bigHeight":"546","licensing":"