扁桃腺が腫れやすい人にとって、扁桃腺切除というのは常に頭の中につきまとう問題です。私も長年悩まされてきましたが、思い切って切除することにしました。, 私は子供のころから扁桃腺が腫れやすく熱が出やすい体質でした。 年に数回は熱を出してしまい、いつも扁桃腺の腫れに悩まされていました。, 社会人になってからも続き、年に数回熱を出してしまうことがあり、会社を休むことも心苦しいし、何より体調管理ができていないと思われてしまうのが非常に嫌でした。, 切除する前は悪化をたどり、扁桃腺周囲腫瘍にまでなってしまい日ごろの生活にも影響が出始めてしまいました。 扁桃腺周囲腫瘍は再発することもあり、本当に死ぬほど辛かったのでもう二度と経験したくありませんでした。, その後も病院に通うことが多く、主治医から扁桃腺を切除してみては?と提案があり思い切って踏み切ることにしました。, 社会人にとって入院をするということは非常にハードルが高いです。入院期間を空けてしまいますので職場に迷惑がかかってしまいます。 さらに扁桃腺切除の場合、入院に10日程度さらに術後の予後(出血があれば再入院)で1週間程度必要となりますので、その期間を空けられるように調整しなければなりません。私の場合は入院から退院、出勤まで4週間程度かかりましたので、会社の人には迷惑をかけてしまうことになりました。, 上司に現状を報告し、入院及び退院後の一定期間休ませてくださいということを陳情し 私の場合は幸いにも入院することに納得をいただきました。, 当然家族にも了承を得なければなりません。私の場合は病状を家族が良く知っていましたので、扁桃腺を切除したほうが良いという風に思ってくれていました。, そんなこんなで入院することが決まりましたので、決定した翌日に病院にて術前検査を行いました。検査内容は血液検査、尿検査、心電図検査、レントゲン検査でしたが、数時間で終了しました。, 入院前の準備があるので会社は入院の前日から休みをいただくことにしました。持ち物としては、下着、コップ、割箸、ティッシュ、PC、ポケットwifi、文庫本、携帯充電器などです。結果的にPCはほとんど開きませんでした。後述しますが本当にそれどころではなかったです。荷物はそれほど多くは持っていかず、準備を万端にし当日に備えました。, それと大事なポイントですが入院前に説明を受けた健康保険の「限度額適用認定証」を持っていきました。これがあると健康保険の限度額が退院後の支払い時に適用されるため自己負担の額が減ります。限度額を持っていなくてもしばらくした後で戻ってくる仕組みなのですが、これがあると直近で支払う額が減るため、用意ができるタイミングであれば職場の担当者に用意してもらうことをおすすめします。, さて、入院当日の話ですが、入院前の説明では入院は手術の前日と言われてましたので、前日の指定された時間に病院へ行き入院しました。, はじめに入院治療計画書を渡され手術前の絶食の説明や術後の治療について詳細に説明を受けました。自分の頭の中では術後のことよりも手術が不安でしかたがなかったです。, その後、翌日手術を行う手術室に行くように言われて麻酔科の医師、看護師と面談することになりました。当日の手術はここでやりますよとか麻酔について不安なことがありますか、といったような内容でした。前日に手術室を見せてもらうことや説明をたくさんしてもらうことは良いことかもしれません。多少不安な気持ちが安らいだような気がしました。, その後病室に戻り手術のことを考えても仕方がないため、暇を潰しながら消灯時間後まもなく就寝し次の日の朝を迎えることになります。この時が一番ゆったりした時間でしたが手術前日のため何とも言えない気持ちのまま過ごしこの日は何も手につきませんでした。, 手術の当日、朝目覚めボーっとしていると看護師さんがやってきて体温を測りました。そして、手術する際は通常ストッキングを着用するようですが私の場合は手術の時間が短いため今回はストッキングの着用はなしという説明を受けました。, その後麻酔科の医師がやってきて、全身麻酔の説明を受けました。下半身麻酔の経験はありましたが、全身麻酔ははじめてだったのでかなり不安でした。どんな風にして麻酔が効いてくるのかも想像できないし、手術中はどうなってしまうのかさっぱりわからずただただ不安でした。また、この日は手術前は飲み物も飲まず絶食です。昨日まで日常を過ごしていたのでフワフワして全然現実感がない感じでした。, そうこうしていると手術の時間が近づいてきました。術着に着替え手術の30分間になったくらいで、寝ているベッドがストレッチャーになり手術室まで連れていかれました。不安はピークです。, 手術室に入り麻酔をしますということになりました。麻酔は点滴でした。下半身麻酔をした時はでっかい注射だったような記憶があったので意外な気持ちでした。麻酔をしてから少ししたら眠くなりますのでという話を受けました。ほんとかよという気持ちでしたが、ほどなくして意識を失いました。, パッと目が覚めると(強制的に起こされたようです。)手術が終わっていました。この間は当然ですが全く記憶にありません。看護師さんに「目が覚めましたか?手術は終わりました」と言われました。当然ですが当事者は本当に一瞬の出来事ですのでこんなもんか、とすら思いました。また、看護師さんから「目が覚めてから病室に戻るまで覚えてない方もいらっしゃいますよ」といったようなニュアンスのことを言われたのだけは覚えていて、その後その言葉のとおり病室まで記憶が飛びました。, 扁桃腺を切除したばかりで腫れていて当然声が出ないのですが、その時は麻酔のおかげで術後の痛みもそれほどありませんでした。なんだこんなもんかと再び思ったのですが、これから数週間痛みに耐える日々が続くとは思わなかったです。, 手術が終わり、手術をしてくださった担当医師から今後の説明を受けました。麻酔が切れてくるぐらいで痛みが出てきますということと、出血がかなりありますのでティッシュでふき取ってくださいということでした。食事も翌日から出ますが様子をみてはじめましょう。ということでした。, 先生の説明通り麻酔が切れてきてから痛みが始まりました。チリチリとした喉を焼くような痛みです。実際に切ったので当然ですよね。検温したら熱も38度くらいあって辛かったです。当然声もでません。点滴で鎮痛剤と抗生剤を売ってもらっていたのですが、纏わりついてくるような痛みに耐えるのが必死でした。, 看護師さんから痛み止めの薬を貰い一日6時間以上空けて3回までという説明を受けました。この痛み止めがなければ全然過ごせないようなひどい痛みです。また、術後のため出血もあり頻繁にティッシュでふき取っていました。入院前にティッシュを何箱か持ってきて正解でした。, 手術当日は痛みのため全然寝れませんでした。痛み止めで何とかごまかして少し寝れたような気がします。それからはいつ痛みが引くのかなと思っていたのですが、入院中は全然引きませんでした。翌日には声も少し出ましたがもごもご状態です。食事が始まっても痛みのせいでなかなか食べ進みません。なので痛み止めを飲んだ後に食事をとるようにしました。そうしないと全然食べられなかったです。, シャワーに入れたのは術後5日目でした。シャワーに入れた喜びもありましたが喉が痛いと何をしても心ここにあらずの状態でした。持って行ったPCで少し仕事をしようと思ったのですが、痛みのため全く手につきませんでした。長い時間体を起こすことがつらかったです。なので、ひたすら寝ながらスマホで動画を見たりして時間をつぶしていました。, その後は痛みをずーっと伴っていましたが、治療も順調に経過し、結局合計で10日ほどの入院となりました。, 退院当日もやはり痛みは残ったままでした。退院日の午前中に清算し、限度額適用認定証のおかげもあり払った金額は9万円程度でした。私の場合は後日になりますが加入していた生命保険から入院準備金プラス入院日額1日8000円が払われましたので結局ほぼ負担はありませんでした。入っててよかった生命保険。, 退院後は食事制限などはありませんでしたが、出血したら困るので固いものはできるだけ食べないようにと注意がありました。痛み止めも大量にもらい家に戻ることになります。退院後は体力の低下と残った痛みに耐える生活です。さすがに術後10日も経てば痛みは弱くなってきていますが、痛み止め無しだと辛いレベルです。声も出しにくいですが、何とか出るようなレベルまで回復してきました。, これは術後にも少し休みを取るように言っておいて正解だったなと思いました。職場にいても声があまり出ないし、痛みで仕事が手につかなかったと思われます。, しばらくは家で安静にしていることにしました。そして医師から言われたら出血があったらすぐに病院に来てくださいという言葉が非常に怖かったです。扁桃腺切除の場合、退院後に出血があるとかなりの高確率で再入院となるそうです。もう入院はしたくなかったので非常にそれが嫌でした。, しかし、退院して4,5日経過したときに少し出血がありました。入院中にティッシュでふき取っていたことを思い出すような感じでとても嫌な予感がしました。念のために病院へ行って先生に診てもらいましたが、再入院の必要はなしという判定が出て心底ほっとしました。, 退院から2週間ほどして痛みも少なくなり、ようやく職場へ復帰できることとなりました。この間迷惑をかけた同僚には頭が上がりません。, 痛みが完全に引くまでは手術後4週間くらいかかったと思います。痛みが引いてくるころには声も完全に出るようになります。声は切除した部分がなくなったため通るようになったと思います。(自分ではそう思うような感じですが、周りからは実際あまり変わっていないというようでした。), 扁桃腺切除後すぐ効果(?)があったのは、睡眠時に無呼吸になることがなくなりました。以前はお酒を飲んだ時や寝る体勢によっては無呼吸であることがあったらしいのですが、手術後はそれがなくなりました。本来の目的以外でよいことがあったので微妙な感情もありましたが、結果的にうれしかったです。, また、肝心の扁桃腺による発熱がなくなりましたので、術後は熱を出すことが極端に減りました。これは本当に切除してよかったです。慢性的な扁桃腺のはれに悩まされることがなくなりました。, 短期的に見て上記のようなメリットを享受しましたが、長期的に言われているデメリット免疫の低下による感染症の感染などのリスクが言われていますが、現在のところ全く問題はありません。, 扁桃腺の切除はメリットとデメリットがありますが、扁桃腺の腫れが慢性的で悩んでいる人は切除する価値は十分にあると思います。, 切除後の痛みは相当なもので、長く続きますが、回復した今となってはその後のメリットを考えれば比較しても十分にあると思います。働かれている人は職場との相談を十分に行い入院計画を立ててみましょう。. ・全国転勤サラリーマン こんにちは。 健康診断で尿潜血と尿蛋白が指摘され病院へ通うようになり。 そこでまた、詳しく血液検査をしてみるとクレアチンの数値が通常より高く腎生検を受けました。 すると結果はiga腎症。 慢性腎臓病を引き起こす病気で... 私が病気になったタイミングは結婚してから1年経たない時でした。 結婚生活も1年が無事すぎて二人での生活は上手く行きそうだと思ったタイミングで住宅の購入を検討していました。 丁度退院したのは結婚から1年が過ぎた辺りでした。 ... こんにちは。 腎生検・iga腎症で入院期間が長くなった私は医師の勧めもあり大腸カメラと胃カメラをしてもらう事になりました。 今回の入院で悪くなっている場所は腎臓である事が分かったし、検便での異常もみられなかったのですが一応念の為... こんにちは。 私はiga腎症になり結果長期入院を余儀なくされました。 1か月も・・・ 数か月とか数年とか入院する人に比べれば短いでしょうが私にとっては、とてもとても長い入院期間でした。 この長期入院したことで私が感じ... こんにちは。 iga腎症は難病法で定められている指定難病です。 難病法の説明については下記を参考にして下さい。 「難病の患者に対する医療等に関する法律」(平成26年法律第50号)に基づき指定される指定難病について、治療方法の確... こんにちは。 こちらのページをご覧くださっている皆さんはおそらく腎生検を受ける段階が近い人、もしくは身近の誰かが受ける人だと思います。 そこまでの経緯は人それぞれでょうが私の体験談が少しでも不安を和らげる一助になれればと思います... 痛みは手術後の麻酔が切れた直後がピークでその後徐々に引いていく。手術後2週間程度は痛みが続くが、その後痛みが無くならなかった人はその先生が知る限りいない。, 手術直後は再出血がしやすい、そして手術後5日目あたりも再出血しやすい時期とのこと。なんでも術後5日目あたりは扁桃腺をとった部分のかさぶたが完全に固まり剥がれ落ちやすく痛みも引いてくる時期で、油断して飲食をしてその時にそのかさぶたが剥がれ落ちるそうです。そして「再出血した場合は唾に血が混じる程度ではなくマーライオンです」との説明も受けました。マーライオンって・・・吐血じゃん, 再出血の恐れがあるので手術後2週間程度はなるべく強めの運動をせず血圧をあげるような事はしないでください。, 夕食と一緒に補水食というスポーツドリンクなようなものがパックで6本出されました。これに手術当日の脱水症状などを防ぐ効果があるらしいです。, 手術室に行く前までに歯磨きとトイレを済ませ清潔なパンツに病衣だけになる事。その他の物を身に着ける事は禁止。(アクセサリーや・コンタクトレンズ・指輪・ウィッグ・湿布などが禁止). もっと早く連れて行けばよかった・・・と反省。 2日目の朝には切除した痛みは感じなくなっていました。 ただ、これはあくまでも傷口の痛み … 僕は子どもの頃から扁桃腺が大きく、直ぐに喉が痛くなり辛い思いをしていました。 手術までの経緯初めての発症僕は2年ほど前から扁桃腺が腫れる症状に悩まされていました。元々は、「のどが痛いなあ、風邪だろう」と思って、内科のクリニックに行って薬を処方してもらっていたのですが、全く痛みが治まらない。僕は、これまで頻繁にのど風邪 こんにちは。筋トレ×ミニマリストでアーリーリタイア(早期退職)を目指しているコゼキです。 2019年12月に扁桃腺の摘出手術を受けてきたので、扁桃炎に悩んでいる方、これから扁桃腺摘出手術を検討されている方に向けて、体験談を病院からお届けします。 こんにちは。私はiga腎症の治療として扁桃腺パルス療法を受けました。今回はその扁桃腺摘出手術の部分について書いていこうと思います。手術前に特に気になっていた「痛み」と「声はどうなる」を中心にどの程度の日数を要したか?などについて触れていこう こんにちは。私はiga腎症の治療として扁桃腺パルス療法を受けました。今回はその扁桃腺摘出手術の部分について書いていこうと思います。手術前に特に気になっていた「痛み」と「声はどうなる」を中心にどの程度の日数を要したか?などについて触れていこう 2018年秋、18歳の息子が扁桃腺の除去手術を受けました。 扁桃腺手術の時間や入院期間、痛みはどのくらいでいつまで続くかなど、私も息子もかなりネット情報を参考にしました。 今回の息子の体験も、今後手術 川口・戸田・蕨付近のお役立ち情報やトピックスをお伝えします。(プロフィール詳細はこちら). どうも!ゆめおいパパです。 扁桃腺が腫れやすい人にとって、扁桃腺切除というのは常に頭の中につきまとう問題です。私も長年悩まされてきましたが、思い切って切除することにしました。 今回は入院や術後の体験について書いていきたいと思います。 前回扁桃腺除去手術について、紹介状の取り方〜入院当日までの流れをご紹介しました。 こんにちは。筋トレ×ミニマリストでアーリーリタイア(早期退職)を目指しているコゼキです。, 2019年12月に扁桃腺の摘出手術を受けてきたので、扁桃炎に悩んでいる方、これから扁桃腺摘出手術を検討されている方に向けて、体験談を病院からお届けします。, 簡単にいうと喉の両サイドにある扁桃腺が大きく、繰り返し炎症を起こす場合に、扁桃腺を切除して炎症を起こしにくくする手術です。, やはり気になるのは「切除後の痛み」「入院期間」「費用」あたりだと思いますので、その辺もふまえながら体験談を書いていきます。, あとは「摘出後に扁桃炎にならなくなったのか?」という点も大事なポイントになるかと思いますので、また後日追記します。, 自分の場合、もともと扁桃腺は大きかったのですが、ここ最近までは滅多に扁桃炎になることもなく、日常に支障をきたすことはなかったので放置していました。, しかし、27歳〜28歳の間で年間10回くらい溶連菌による扁桃炎になり、完全に慢性化してしまいました。, 扁桃炎になった人は分かると思いますが扁桃炎になると数日は会社を休まないと行けませんし、最低1週間は抗生物質を飲む事になり筋トレもできません。, 2019年10月末にかかりつけの耳鼻科を受診し、12月上旬に手術を受けたので、手術を決めてからはトントン拍子で手術となりました。, ①かかりつけの耳鼻科で扁桃腺摘出手術を受けたいことを伝え、紹介状を書いてもらう(手術を受ける病院は自分で指定できました), 入院体験談では手術当日の状況や、術後の痛みの変化を書いているので参考にしていただければと思います。(扁桃腺を取る前と取った後の写真もあり), この日が最後の晩餐と思い、夜飯もしっかり食べ、コンビニでお菓子も買い込んで食べました笑, 「無理矢理まぶたを開けたらどうなるのだろう?」と思うも、全く抵抗できず眠りに落ちました。, そんな中ドクターから摘出した扁桃腺を見せられましたが、こっちは意識がもうろうとしている上に呼吸に必死で余裕なし。, ホルマリン漬けの梅干しみたいのが2個ありました。本当は写真を撮りたかったのですが、気付いたら気を失っており撮れず。, 妻に時間を聞いたら手術は1時間半ほどで終わり、手術してから2時間間くらい経ったとのこと。, 当日は麻酔が効いているからなのか、痛みは普段扁桃炎になった時よりマシで全然耐えられました。, ちなみに、扁桃腺摘出手術時に良く起こると言われる、舌の痛み・味覚障害は全くありませんでした。, 手術当日の痛みはそれほどでしたが、血の混じった痰が絡み息苦しいので1〜2時間おきに目覚めてしまい、よく眠れませんでした。, とはいえ扁桃炎で経験済みの痛みレベル。耐えられないレベルではないので、我慢しつつ食事は毎食完食。, 寝れたと思ったら、腫れた喉ちんこが気道を塞ぎ窒息しそうになり目覚めるの繰り返し。 そこそこの痛みと息苦しさで、またも眠れない夜を過ごしました。。, 喉だけでなく何故か耳の奥まで痛いし、口を動かすだけで痛い。いや、何もしていなくてもかなり痛い。, 自分には悪心・嘔吐作用がかなり強く出たので、この薬はすぐにやめてカロナールという一段階弱い痛み止めに変更しました。, 朝食後、痛み止めを飲んで、日中はマスクで鼻呼吸を徹底していると痛みは幾分かマシになった。また、妻に家からミニ加湿器も持って来てもらいました。, この日、サプリが解禁されたのでプロテインを飲んでみましたが、水以上に喉に激痛が走りました。, 液体だし刺激物でもないので平気そうなんですが、明らかに水を飲んだ時とは違う痛みでした。, 日中の痛みは幾分マシになってきた気がしますが、唾を飲んだり飲食をすればまだまだ激痛。あくびとか喉を動かすことも痛くてダメ。, という不安があるものの、病院にいてもこれ以上の治療はなく痛みに耐えるだけなので、静かな自宅で療養した方が良いかもしれない。, 痛みだすと1~2時間は収まらずズキズキしているので、食事を取るのが嫌になってきます。, 扁桃腺摘出手術を行った後は、①術後直後と、②術後1週間くらいのタイミングで出血のリスクがあります。, 術後1週間のタイミングでは、喉にできたかさぶたが、傷が治りきっていないタイミングで一気に剥がれてしまうことがあり、こうなると大量出血。止血のために再手術となります。, 夜はやはり喉が乾燥して痛くなるため何度か目覚めるも、数時間まとまった睡眠が取れるようになった。, 痛みが治まってきても食事をすると喉がかなり痛いです。退院時時点でも食後1時間は喉が痛くて何もする気になれません。, やはり術後一週間はかさぶたが剥がれ始める時期なので、退院したとはいえ安静にした方が良いと思います。, ・手術後の喉の痛みは扁桃腺の癒着度合いにもよるので、個人差がありますが、自分の中では人生で一番苦痛な1週間でした。, 扁桃炎を繰り返している人や、扁桃腺がかなり大きい人は切除範囲が大きいみたいなので、ある程度の痛みは覚悟しておいた方が良いです。, (ちなみに同じ時期に扁桃炎摘出手術を受けた人がいたのですが、その人は全然痛くないと言っていました。), 自分はこれまで骨折、肺気胸(肋骨から胸腔に管を入れる)の経験がありますが、扁桃腺摘出手術はそれを上回る辛さでした。, 術後1週間程度で痛みレベルが下がってきますが、食事を取ったり喋ったりするのはまだまだしんどいです。, (健康保険の限度額認定証によりこの金額になっています。限度額認定証がなければいくらになっていたのかは分からないのですが、だいたい10万前後らしいです。あと大部屋にしたので差額ベッド代はかかっていません。), 冬の病院内の乾燥は尋常ではありません。半袖でも良いくらいに暖房がガンガンに効いているのでマスクをしていないと喉がすぐ乾燥して激痛になります。, (深夜でもナースコールが何度も鳴り、看護師さんもバタバタしていることが多いので起きてしまいます。), 手術後はいかに眠れるかが重要なので、使い慣れているマクラを持ち込むと良いかもしれません。, ・ウイダーゼリー(青のやつ。緑のやつはグレープフルーツなのでダメです。死にます。), 病院は空調が利いているので冬は薄着、夏は逆に羽織るものを持っていった方が良いと思います。, 食事に関してはほぼ流動食で多分毎食300kcal(1日1000kcal)程度しか取れていなかったので痩せました。, 当分は出血のリスクがあるので筋トレは控えますが、復活したらアホみたいに筋トレに打ち込む所存です。, →通常時は痛みはほとんどなくなり、飲食時と寝起きが若干痛いくらいでだいぶ日常生活を取り戻せました。, また、喉の腫れが引いてきて気づいたのですが、扁桃腺を切除する前に比べて呼吸がしやすいです。, 前は睡眠中に息が苦しくなって起きる『睡眠時無呼吸症候群』らしい症状があったのですが、退院後は夜中に息苦しさで起きることがないです。, 慢性扁桃炎のため受けた扁桃腺摘出手術ですが、思わぬメリットを感じているところです。, ・筋トレ歴3年

.

男性不妊 自然妊娠 奇跡, ドライ イースト 捨て 方, エクセル エクスポート できない, 玄関掃除 開運 体験談, コンビニ キャッシュレス還元 されない, Teams テスト通話 スマホ, Bootcamp キーボード 英数, カクレンボ ホラーゲーム 攻略, 丸い オムライス 作り方, 楽天 オペレーター チャット, ウケる 韓国語 若者, サーカスtc Dx フロントフラップ, パワポ グループ化 枠線, 模写 絵画 おすすめ, 心電図 再検査 中学生, ハリーポッター 吹き替え 動画, Bluestacks Hyper-v 共存, ライン入力 ホワイト ノイズ, 入籍 報告メール 親戚, シール剥がし 跡 ガラス, 腹巻 付き ズボン 作り方, スケボー ウィール 締め具合, パワーポイント 印刷 つぶれる,