オススメの中古車シリーズの第二弾はステーションワゴン編です。全般的に人気があるジャンルですが、一方で特定車種に需要は偏りがち。その隙間を縫う選び方を指南させてもらいます。 価格面での還元が最高のおもてなし!をモットーに、薄利多売を維持するため少数精鋭で限... カローラルミオンのことならお任せ下さい! .hide-if-no-js { ステーションワゴンの人気車種・モデルランキングなら「カーセンサーnet」!人気車種・最近発売されたモデルランキングから車カタログ・中古車を探すことができます。ステーションワゴンの中古車情報や中古車検索は「カーセンサーnet」にお任せ。 90年代の中盤にはsubaruレガシィツーリングワゴンが280馬力の自主規制いっぱいまで高性能化し、ワゴン人気のピークを迎える。 しかし、やがてミニバンやsuvの走りが良くなったことで、相対的にステーションワゴンの魅力とアドバンテージは薄れてしまう。 カ... スバルインプレッサスポーツのドレスアップもアクセスオートスタッフにお任せください... 愛知県大府市大府町峯畑22-3(常駐担当者がいないため必ず予約を取った上でご来訪をお願いします)autoshop_crosspoint@yahoo.co.jp(地図). Please reload the CAPTCHA. 72 皆様のご来店を心よりお... 担当の澤野 健治です。 ステーションワゴン 1500cc以上2000cc以下の中古車一覧から、最大100枚画像や動画で、また条件を絞り込んでご希望の中古車を検索できます。. 日産のお車、私にお任せください! Please reload the CAPTCHA. かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ、大人気を博した。ミニバンやSUVには乗りたくないが、高速巡航時や山道などでセダンやクーペに遜色のない走りを楽しみながら、大量の荷物を積みたいという、アクティブなユーザーから絶大な支持を集めていたのである。, 日産アベニールやウイングロード、ステージア、トヨタ・カルディナ、ホンダ・アコードワゴンなど、各社自慢のステーションワゴンはそれぞれに独自の魅力があり、高い人気を博し続けていた。90年代の中盤にはSUBARUレガシィツーリングワゴンが280馬力の自主規制いっぱいまで高性能化し、ワゴン人気のピークを迎える。, しかし、やがてミニバンやSUVの走りが良くなったことで、相対的にステーションワゴンの魅力とアドバンテージは薄れてしまう。エコカーブームの到来もあって、燃費の悪いハイパワーワゴンの注目度は下がり、ワゴン全体の人気が低迷。気がつけば、国産のミドルサイズのワゴンでスポーツ性の高さを強く訴求しているのはSUBARUレガシィ/レヴォーグのみとなるほど、ワゴンの市場は冷え込んでしまった。SUBARU以外の国産中型ステーションワゴンにはマツダ・アテンザワゴンもあり、クルマのできはいいが注目度は低い。小型の車格ではトヨタ・カローラワゴンが存続している程度で、各社ともワゴンはとうに諦め、SUVへの傾注が目立つ。, そんななか、SUBARUだけは例外的にレヴォーグというステーションワゴンで高い注目度を維持し続けている。今のSUBARUも現行ラインアップのなかで一番良く売れているのはフォレスター(世界グローバル販売)で、屋台骨を背負っているのは完全にSUVであるわけだが、初代レガシィから続く高性能スポーツワゴンの市場を守り続けている。, レガシィツーリングワゴンの後継にあたるレヴォーグは、初代も新型もデビュー時の話題性はすこぶる高く、新型はコロナ禍にあっても正式発表前の予約受注が8000台を超えた。プロトタイプの試乗動画の注目度もすこぶる高く、自動車ユーチューバーがアップした動画は、いずれも高い視聴数を記録中だ。, 「アルミボディ」に「ハイブリッド」! 歴史に残る技術開発者から経営者になった「凄すぎるクルマ好き」5選, そんなのあった? クルマ好きでも「忘れがち」な「レア度満点」の国産オープンカーたち, オヤジセダンから軽自動車まで! 「ニュルブルクリンク」で走りを鍛えた「意外な」クルマ4選, なんでミニバンやSUVで勝負しない? SUBARUが不人気ジャンルの「ワゴン」に「入魂」するワケ, スーパーカーが記載する0-100km/h加速タイム! 2〜3秒台ってどのぐらい「凄い世界」か体験から語る, 京商モデルカーの最新作「レクサスRC F」が43分の1スケールで発売! 高性能バージョンをモデル化, スバル・レヴォーグだけがナゼ売れる? 人気薄のステーションワゴン市場で気を吐く理由, 国産メーカーはもう一度ワゴンを見直すべき! 偉大すぎる「初代レガシィ」と追いかけた90年代「激速ワゴン」たち, ファンからは疑問の声が多数! スバル・フォレスターが4代続いたターボエンジンをやめたワケ. このラフェスタは、私が仕入れた車両ですので、ご安心してお任... こちらのシャトルについて質問があれば、お気軽にLINEやお電話、メール等でご質問くだ... トヨタプリウスαのドレスアップもアクセスオートスタッフにお任せください。 ファミリー向けに人気なのがミニバンですよね。今回はお得に手に入れられるミニバンの不人気車種を紹介します。不人気と聞いて嫌な感じがした人もいると思いますが、ちゃんと不人気車種がお得な理由とおすすめ車種をお伝えしますので安心してください。 更に中古車価格も安く 予算30~50万円 と、お得に買えちゃいます。 これだけ聞くと条件の良い中古車ですが、生産終了の不人気車となったポイントもしっかりあります。 生産終了の不人気車となったポイントは「マツダの経営戦略」にあります。 © Kotsu Times Sha Co.,Ltd. かつてはステーションワゴンが多く存在し、高性能モデルも存在した。現在ではsuvやミニバンに人気を取られ、車種が少なくなっているが、スバルだけは例外的にレヴォーグが高い注目度を維持し続けている。スバルが人気市場ではなく新型レヴォーグに心血を注ぐ理由を解説しよう。 かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ、大人気を博した。ミニバンやSUVには乗りたくないが、高速巡航時や山道などでセダンやクーペに遜色のない走りを楽しみながら、大量の荷物を積みたいという、アクティブなユーザーから絶大な支持を集めていたのである。 日産アベニールやウイングロード、ステージア、トヨタ・カルディナ、ホンダ・アコードワゴンなど、各社自慢のステーションワゴンはそれぞれに独自の魅力があり、高い人気を博し続けていた。90年代の中盤にはSUBARUレガシィツーリングワゴンが280馬力の自主規制いっぱいまで高性能化し、ワゴン人気のピークを迎える。 しかし、やがてミニバンやSUVの走りが良くなったことで、相対的にステーションワゴンの魅力とアドバンテージは薄れてしまう。エコカーブームの到来もあって、燃費の悪いハイパワーワゴンの注目度は下がり、ワゴン全体の人気が低迷。気がつけば、国産のミドルサイズのワゴンでスポーツ性の高さを強く訴求しているのはSUBARUレガシィ/レヴォーグのみとなるほど、ワゴンの市場は冷え込んでしまった。SUBARU以外の国産中型ステーションワゴンにはマツダ・アテンザワゴンもあり、クルマのできはいいが注目度は低い。小型の車格ではトヨタ・カローラワゴンが存続している程度で、各社ともワゴンはとうに諦め、SUVへの傾注が目立つ。 そんななか、SUBARUだけは例外的にレヴォーグというステーションワゴンで高い注目度を維持し続けている。今のSUBARUも現行ラインアップのなかで一番良く売れているのはフォレスター(世界グローバル販売)で、屋台骨を背負っているのは完全にSUVであるわけだが、初代レガシィから続く高性能スポーツワゴンの市場を守り続けている。 レガシィツーリングワゴンの後継にあたるレヴォーグは、初代も新型もデビュー時の話題性はすこぶる高く、新型はコロナ禍にあっても正式発表前の予約受注が8000台を超えた。プロトタイプの試乗動画の注目度もすこぶる高く、自動車ユーチューバーがアップした動画は、いずれも高い視聴数を記録中だ。, SUBARUがいまだに売れるワゴンを生み出し続けられる理由のひとつは、歴史や伝統が醸成したブランド力だろう。SUBARUは1989年登場の初代レガシィで「ツーリングワゴン」というジャンルを新たに切り開き、280馬力化などで空前の大人気を博した2代目モデル以降、国産スポーツワゴンの一人勝ち状態を長らく続け、結果として唯一生き残った。ライバルが居なくなった今、ステーションワゴンは、昔とは違う意味でSUVやミニバンとは異なる価値観を演出できるクールな存在として際立っているように思う。 また、SUBARUはレガシィ時代から「ツーリングワゴンのニューモデルに最先端技術を優先的に盛り込む」姿勢を継続していることも、ワゴンの魅力を維持できている理由のひとつといえる。今回の新型レヴォーグでも先進の運転支援システム「アイサイトX」がデビューしたなど、話題性が高まりやすい飛び道具を常にワゴンに搭載してデビューさせてきた。「ぶつからないクルマ」でブレイクしたアイサイトVer.2も、5代目レガシィの上級グレードからの展開だった。 レガシィ以前のレオーネの時代から実直に続けてきた「業務用版ではないワゴン」づくりで他社にはない個性や存在感を打ち出すことに成功しているので、今の段階で消耗戦市場のミニバン市場に参入するのは得策ではないとの経営判断もあるはず。SUBARU以外のメーカーとしても、逆に今さらステーションワゴン市場で大きなシェアを獲得することは見込めないので、今後も国産スポーツワゴンはSUBARUの一人勝ち状態が続くと予想できる。. レンジローバー・イヴォークの評判・試乗レビュー:扱いやすいプレミアム・コンパクトSUV!. ナビや社外パーツなど、後付け... ご覧頂きありがとうございます!  =  カ... 新車から中古車まで、軽自動車から大型貨物まで、国産・外車を問わず良質車の販売を心... スバルインプレッサXVのドレスアップもアクセスオートスタッフにお任せください。 九 このカローラフィールダーは、私自... キューブ 1.5 15X Vセレクション アンシャンテ 助手席スライドアップシート. ホンダ インサイト(2代目)が超安いのにカッコいい(カーセンサー.net), セダンは走行安定性が優れていて、長時間のドライブでも疲れにくい車種です。ところが、中古車市場では不人気車種に該当します。その中でも不人気なセダンは、値下げ率がトップクラスでお買い得です。, 車幅は1.76メートルで5ナンバーのサイズを少し超える程度となっていますが、最小旋回半径は5.2メートルなので小回りは割と良いです。大人なデザインなので、女性受けも良く、運転しやすいところも◎です。, エンジンについても、1.8リッターで程よい加速力があります。ちょうど街乗りと高速道路での走行を器用にこなせる万能タイプといえますね。, 内外装ともに、程よい高級感と車内スペースがあり、快適性が重視された仕上がりになっています。たとえば衝撃を上手く吸収する上質のサスペンションが採用されており、乗り心地がとても良いです。, シルフィ自体はグローバル戦略車としてつくられた良車であり、比較的年式も新しいのですが、日本の中古車市場ではセダン自体が不人気であるため、値下がり幅が大きめとなっています。, リセールバリューがあまり期待できない分、新車で長く乗るか、中古車で半額以下となった程度の良い車を見つけて長く乗るのが良さそうですね。, 5ナンバーで使い勝手の良いセダンです。カローラの上級車としての位置付けであり、内装の質感が高いクルマです。, 当方が1週間代車として使用した1.5リッターのモデルでも遅くはないのですが、1.8リッターもしくは2.0リッターにすると高速道路や車の流れが速い街中で余裕ができますし、落ち着いた感じの室内空間とマッチすると思います。, また、2001年12月~2007年5月生産モデルであれば、予算50万円以内で購入できる中古車も見つかります。, そこそこ良さそうな個体を3~4年で乗り換えるつもりで購入して、クルマの調子が良ければさらに乗り続けるというのもアリかと思います。, (2001年12月~2007年5月までの前モデルはこちらのページからチェックできます。), その他、ティアナ、アベンシス、S4Xセダン(希少)、レガシィB4・アコード等が候補として挙げられます。特にレガシィB4・アコードは世界戦略車として作り込みが良く、個人的におすすめです。中古セダンにつきましては、以下のボリューム満点の記事を参考にしていただけるかと思います。, 中古車の重要事項である安さと信頼性の両方を兼ね備えた、トヨタの上級ハイブリッドセダンです。, ベースグレードでコミコミ400万円近くする高級クラスの車ですが、2013年8月のマイナーチェンジより前の型式はあまり人気がなく、新車時の4分の1から購入可能です。, しかも安く購入できるだけではなく、プレミアムブランド車のレクサスHSと同一ラインで生産が開始され、自動車の品質にもこだわったつくりとなっています。, 見た目こそオーソドックスなセダンですが、内装はHSと同様に個性的なデザインとなっており、上級セダンに相応しい仕上がりになっています。, 2.4リッターのパワフルなエンジンを搭載しているものの、ハンドリングがゆるやかでキビキビとした運転が不得手な車ですので、ゆったりとしたドライブが好みの方に向いています。, ミドルクラスの車でありながら、リッター22.4キロのエコカーです。年間走行距離が多い方にオススメです。, 日産の高級スポーツセダンです。全長が長いため、グイグイ曲がるタイプの車ではありませんが、高速旋回時のハンドリングが粘り強く、スポーツセダンにふさわしい仕上がりになっています。, V6エンジンを搭載した2.5リッターのモデルでも十分にパワフルですが、やはり目玉といえばV8エンジンを搭載した450GTですね。, GTシリーズはスポーツ志向が強く、XVシリーズは乗り心地を重視したセッティングになっています。, 横幅は現行モデルよりも40~50ミリ狭くなっていて、1.795~1.805メートルに収まっていますので、駐車スペースや対向車とのすれ違いなどではあまり気を遣わなくてすみます。, 2004年~のモデルは、今年の1月から平均相場で10万円以上値下がりしています。かなりお買い得な時期であると思います。, ちなみにレクサスGSの前期モデルやクラウンマジェスタも、スペック的に競合しており、同じぐらいの価格帯となっています。, ご参考:これから2人の時間を楽しむ大人のあなたへ、100万円~選べるレクサスがある生活のご提案, これらの車の中古車は2年ぐらい前からチェックしていますが、当時と比べて本当に安くなったなぁと感じます。, 国産高級車クラスの中古車は、低年式であってもオーナーの方が大切に扱っていたことがわかるクルマが多くあり、意外と狙い目です!, カーセンサーのこちらのページで前モデルをまとめて表示しておきました。併せてチェックされるのもオススメです。, その他、やや低年式になりますが、プログレやウィンダムも格安ながらも高級感溢れる車としておすすめです。, 日産のスポーツセダンです。フーガよりも若干小柄で、80キロほど軽量であるため、より軽快にドライブできます。, 競合車として、レクサスISとクラウンアスリートがよく比較対象となるようです。いずれの車もラインナップやスペックが類似していますので、お好みの内外装の一台を選ぶのがおすすめです。, この3車の中では1番コンパクトで取り回しが良いのがレクサスISです。特にISは全長が4.58メートルで最小旋回半径が5.1メートルですので、取り回しで困るようなことはほぼ無いと思います。, ただその分、シートが人を包み込むようなつくりになっていますので、車内空間の広さを求める方にはクラウンアスリートかスカイラインが良いですね。, その他、年式が少し古くなりますが、FRでミッションがMTというレアなモデルがあるアルテッツアもおすすめです。, ソニカは、スポーツタイプの軽自動車のホープとしてつくられた、ダイハツの渾身作です。, コンパクトカークラスの枠を超えた走行性能を備えており、軽快で安定した走りを楽しむことができます。, 特に低重心で横風にも強いため、高速道路でも安定して走ることができるのがハイトワゴン系の軽自動車との決定的な違いですね。, RS Limitedには何と7速MTモードが搭載されていて、マニュアル感覚で運転することもできます。, またスポーツ走行だけにとどまらず、内装のクオリティが高く、室内空間を広く利用するように工夫されており、何かとコストがかかっている車です。, ワゴンタイプの軽自動車が人気の昨今、ソニカのように車高が低めのスポーツタイプの軽自動車は不人気となり、2009年4月に生産が終了しています。, 中古車市場ではメンテナンスの行き届いた在庫車も散見されますので、いちどチェックされてみてはいかがでしょうか。, コペンは、2シーターの軽オープンカーです。丸みを帯びた上品なデザインが素晴らしく、女性にも人気があります。, 電動ルーフトップが採用されていますので、気軽にオープンエアーの開放感あふれるドライブを楽しむことができます。, 現行モデルと同様、足回りは固めのセッティングになっており、660ccのターボで軽量化もされていますので、加速性能や高速安定性はかなり良い部類に入ります。, 現行モデルと同様、ブレーキの効きはあまり良くありませんので、飛ばしすぎには注意が必要です。, この一台でも2人でちょっとした買い物には出かけられますが、セカンドカー的な要素が濃い車ですから、ファミリー特化タイプの車との2台持ちも良さそうですね。, 軽自動車のファミリータイプは、背の高い「トールワゴン系」を中心に、人気車種となっていますので、全体的にあまり値下がりしない傾向があります。, このためファミリータイプの場合には、新車で購入して長く乗るというスタンスがおすすめです。, ただそうはいっても、まとまった予算をすぐに用意できないことも多々あるかと思います。, 安くて程度の良さそうな不人気車を購入して、車検を目安に3~5年ぐらいの期間で車の乗り換えを検討すれば、経済的にもコストを抑えることができるかと思います。, ちなみに新車を購入できる予算がある場合、評判の良いファミリー軽自動車として、ホンダ N-BOX(スライドドアで広々スペース)やスペーシア(収納スペースが多く、使い勝手が良い)などの人気のトールワゴン系がおすすめです。, AZ-ワゴンはシンプルなデザインで落ち着いた感じがあり、広めの室内空間や、ハッチドアタイプの使いやすいトランクスペースなどが魅力的です。, スズキのロングセラー「ワゴンR」のOEM車であまり知られていないこともあり、中古車市場では10年落ち程度で30万円前後から手に入ります。, ワゴンタイプの軽自動車としては、商業用ルックスで荷物がたくさん積める「バモス」もかなり値下がりしています。, オッティは、シンプルで機能性に長けた軽自動車です。四角い形状のボディを持ち、室内空間が広々としています。, 視野が広いタイプの車であり、最小回転半径が4.4メートルで小回りも抜群ですので、街乗りで運転しやすいのもポイントです。, 中古車市場では平均価格が30万円を近くなっており、新車時の3分の1程度で購入することができます。, それほど大きな室内スペースが必要ではなく、買い物などの足代わりとして手軽に使う車であれば、アルトがおすすめです。, 中古車市場では在庫車数が豊富にあり、10年落ち程度で30万円前後の格安価格で手に入ります。, 2004年からのモデルは2モデル前になりますが、あまり古さを感じないルックスなのが良いですね。, SUVは人気車種に該当します。中古車市場では底値が安定する傾向がありますので、程良く値下がりしたタイミングが頃合いです。, シンプルでスッキリしたデザインや、アウトドアでも使いこなせる実用性、長距離運転も楽にこなせる快適性、などが魅力ポイントです。, またサイズが全幅約1810ミリ、全長3950ミリなので街中と高速道路のいずれにも扱いやすいサイズであり、SUVとしては小回りも良好です。, 新車時から装備が豊富なのに価格帯が抑えられていますので、中古車になると更にお得感があります。, 5ナンバーサイズのコンパクトSUVです。2006年から約10年にわたりモデルチェンジなしで生産・販売されていた、ロングセラーの車です。, FRベースで開発されたレアなSUVであり、ダイハツが開発元として、ビーゴとラッシュを生産しています。, コンパクトサイズながら、SUVとしての存在感はバッチリですし、最小旋回半径が4.9メートルなので小回りがかなり良いところもポイントですね。, デュアリスは、街乗りと高速走行のいずれも器用にこなせる、バランスの優れたSUVです。, 車幅1780mm、全長4315~4365mmのボディサイズは日本の街中に程よく馴染み、取り回しもしやすいサイズ感があります。, 背はそこそこ高いSUVですが、足回りにこだわって作られていて、高速走行やワインディング(カーブの連続した道)での安定感があります。, 世界戦略車として開発された、日産のこだわりの名車ですが、日本ではあまり知られていないこともあり、中古車価格がかなりお値打ちとなっています。, ※初期のモデル(2007年12月生産より前)は英国で生産されていましたので、程度の良し悪しには気を付ける必要があります。, ミドルサイズのSUVでありながら、車両重量は割と軽量であり、低重心で足回りが良いため、コーナリングも楽にこなします。, また最高230馬力を出力する2.0 XTモデルもあり、ダブルウィッシュボーン式のサスペンションを採用していて旋回性能が良く、乗り心地も抜群です。, 車幅は1.8メートル以下、全長は4.6メートル以下で、最小回転半径は5.3メートルに留まっており、街中でも気軽に運転できるところも良いですね。, あらゆる悪路を走破できるほど優れた、「シンメトリカルAWD」と呼ばれる4駆システムが搭載されており、雪国において特に重宝されているクルマです。, どんな路面状況においても安心感があり、何かとドライブでお出かけしたくなるような名車といえます。, 堂々としたスポーティなたたずまいは伊達ではなく、大きいサイズなのに、地面に張り付くような忍耐強いハンドリングが持ち味のクルマです。, 2.3リッターの直噴ターボエンジンは、常用回転域の2500rpmで35.7kg・mもの太いトルクを発生させ、重量をものともしないほどパワフルです。, 個性をアピールできる、5ナンバーサイズのコンパクト・スポーツSUVです。独創的なデザインの車ですので、好き嫌いがハッキリと分かれそうですが、外装はインパクト大です。, コーナリング性能が抜群に良く、最小旋回半径は5.3メートルと小回りもまずまずであるため、街中を軽快に走ることができます。, 1.5リッターのモデルでも十分高性能ですが、高速走行や長距離ドライブ向きの1.6リッターの「16GT」、本格スポーツモデルの「ニスモ」もあり、ラインナップが充実しています。, そして雪国にお住まいの方におすすめしたいのが、4WDのジューク(1.6リッター)です。路面のグリップ感を掴みやすく、軽量でパワーがあるため、雪道でも軽々と走ります。, ここ1年の中古車相場は、平均129万円から111万円まで一気に値下がりしています。, 日産のプレミアムSUVとして、優れたデザイン性と高級感があり、海外では根強い人気があります。, ボディサイズが車幅1.88メートル、全長4.77メートルと大きく、実車を見てもカタログデータ以上に迫力満点です。, 初代型は2004年からの発売ですが、スッキリとした品のあるデザインは、欧州のオシャレな車に負けていないほど優秀です。, 車内はかなり広々としており、静粛性や乗り心地も優れているクルマですので、遠出がとても楽です。, ラゲッジスペースも広いので、アウトドア用途で遠出をされる方にベストチョイスなのかなと思います。, コストの掛かったプレミアムカーなのに、とてもお買い得な価格で販売されていますので、大きさがネックにならなければ、という感じですね。, 個人的にオススメな2代目ハリアーは、海外ではトヨタの高級ブランドである「レクサス」の車として発売されただけあって、高級車としても申し分ない仕上がりとなっています。, 設計年こそ古めですが、高級感溢れる居室空間はもちろんのこと、後席やラゲッジルームの広さや、上質な乗り心地、優れた耐久性・安全性があり、総じてレベルの高い車です。, 重量級の車ですので、2.4リッターエンジンのモデルよりも3.5リッターエンジンのモデルのほうがストレス無く走りますし、車格的にもマッチするかと思います。, ハリアーはSUVの中では人気がありますが、今は新型モデルに人気が集まっているため、2代目モデルであれば結構お値打ち価格まで値下がりしています。, 実はこの先代モデル(30系)のほうがパワフルで、エアーサスペンションが導入されているため、乗り心地がすこぶる良いです。, 今年に入ってから、2代目ハリアーの中古車はカーセンサーの平均相場で25万円ほど下がりしています。中古車としても長く維持しやすく、程度の良いクルマが多数見つかる今がチャンスです。, ミニバンは「電動スライドドア」と「3列シート」が特徴的な、ファミリー向けの車種です。一時期ブームとなりましたが、現在は最新型に注目が集まりがちであるため、中古車市場では数が溢れて大幅に値下げされた、掘り出し物の中古車が見つかります。, ホンダの最高級ミニバンです。高級感や快適性もさることながら、ハンドリングや走りの性能も良いという万能な車です。, 既に生産が終了していますが、加速性能の優れたV6エンジン、ダブルウィッシュボーンの絶妙な乗り心地、内装の高級感、快適な室内空間など、高級車として申し分ない出来です。, 欲を言えば、2.4リッターのモデルは坂道などでややパワー不足感がありますので、3.5リッターのモデルをおすすめします。, このクラスのラグジュアリー・ミニバンが中古車で平均60万円まで値下がりしており、相当なバーゲンプライスであると思います。, 高級クラスゆえに維持コストはそれなりにかかりますが、まず先におすすめしたいラグジュアリー・ミニバンです。, ご参考:知らないなんてモッタイナイ! 上級ミニバンなのに安いホンダ エリシオン(カーセンサー.net), ファミリー向けの中古のミニバンを検討しているけれど、走りの良さは妥協したくない、という方にオススメのミニバンです。ここではミニバンとしての実用性を確保しつつ、ロースタイルで低重心なミニバンをピックアップしました。, スポーツとファミリーを両立したミニバンをお探しの方にオススメなのが、このオデッセイです。, ファミリー・ミニバンとしての実用性・安全性を十分に満たしつつ、躍動的な外観からわかるように、走行性にも非常にこだわって作られた一台です。, 4代目は2008年10月から発売されていますが、この時点で総合的な完成度がかなり高く、デザインの古さも感じさせません。, 街乗りから高速走行、そして山道まで、遠出してどこにでも出かけていきたくなるくらい良い車です。, オデッセイの走行性の良さを知るためには、Best MOTORingのこちらの動画が参考になります。, ミニバンは最新型が注目されやすく、このオデッセイも平均価格で120万円程の頃合いな価格帯まで値下がりしてきます。, 5ナンバー上限サイズの横幅を約5センチだけ超える、街乗り向きの程よいサイズであり、最小回転半径が5.3メートルで小回りも効きます。, 運転が楽しく感じるほどハンドリングが良く、乗り心地も上質ですので、峠道のドライブから、高速道路を利用した長距離ドライブも楽にこなせる優秀なクルマです。, 最新機能を搭載したミニバンが人気な昨今、中古車市場ではプレマシーのようなスポーティミニバンは格安価格で販売されています。, プレマシーは4人までの乗車であればとても快適であり、3列目は短時間向きとなっています。もうワンサイズ大きい車がお好みであれば、マツダのMPVもおすすめです。, 5ナンバーと同等サイズのスポーティなミニバンです。全幅約1.7メートルで小回りが効きますので、街乗りがメインの方にピッタリなクルマです。, 床下が低く、乗り降りがしやすい「両側スライドドア」を持ち、背丈があるため室内空間はかなり開放的です。, 一方で走行性能にもこだわった車であり、5ナンバーサイズのクルマとしては静粛性も優れていますので、高速走行もそつなくこなせます。, このサイズのクルマとしては、137馬力を出力する2リッターのエンジンはパワーがありますので、加速力も申し分なしです。, 中古車市場では平均価格が50万円を切っており、かなりお安く購入できるのも嬉しいポイントですね。, ご予算がコミコミで100万円ぐらいある方でしたら、2011年6月からプレマシーのOEM供給車にモデルチェンジされた、現行型のラフェスタハイウェイスターが不人気かつ、年式も比較的新しくてオススメです。, ミニバンとして重要な3列目シートは、乗車性が良く、広さがあり、視界が広くて開放感がある、と3拍子揃っていて優秀です。アイサイト付きの車を選べば、安全性の面でもさらに安心できますね。, ノンターボの2リッターモデルは車両重量の割にはやや非力ですので、2リッターターボの2.0GTもしくは2.5リッターNAの2.5 iのほうがより落ち着いて運転できるかと思います。, 全長は約4.7メートルでそれなりに長いのですが、全幅が1.77メートルですので駐車スペースや対向車とのすれ違いではあまり気を遣わなくてすみます。, 年式が割と新しいため、中古車といってもまだまだ乗れる車がたくさんあります。今年に入ってから、中古車の平均価格が119万円から90万円まで約30万円値下がりしています。, フロントからリアまでのスポーティで引き締まったルックス、安定感のある走り、街中で使いやすい程よいサイズ感などが特徴的です。, ホンダ車らしくリアがダブルウィッシュボーンで足回りが引き締まったつくりになっているため、凹凸はしっかり拾いますが、乗り心地自体は良く、走りの安定感も抜群です。, 3列目はタイトですので、3列目に人が乗る機会が多い場合は、もうワンサイズ大きめのミニバンのほうが良いですね。, 普段のおでかけで最大4~5人が乗って、3列目を倒しておき、荷室スペースを広く使うような運用方法がオススメです。, 中古車の平均価格が50万円近くまで値下がりしており、ファミリー用ミニバンの中では比較的安値で購入することができます。, SUVとミニバンの良さを兼ね備えた、アウトドア派でアクティブな方におすすめのボックスタイプの車です。, 頑丈なつくりで足回りにもコストがかけられており、長距離運転でも疲れにくくて安全なこだわりの車です。, ミニバンの3列目はおまけ的なことが多いのですが、この車に至っては3列目もしっかりと作ってあります。, 背が高くて力強さのある迫力満点のファミリーカーではありますが、全幅は何気に1.8メートル未満に抑えられていますので、屋根なしの駐車スペースでは意外と困らなくて実用性なところも評価できます。, デリカD:5は、今年に入ってから値下がりが大きいクルマの一つです。カーセンサーの相場を見ると、おおよそ18万円近く値下がりしています。, SUV風ミニバンとして頼れるパパ・ママを演出でき、ファミリーでアウトドアに出かける方や、多人数で遠出をされる方などにおすすめの一台です。, マツダのラージサイズのスポーティ・ミニバンです。全幅1.85メートル、全長約4.86メートルの大きなクルマであり、3列目シートにも余裕があるサイズとなっています。, プレマシーと同様に、走りを重視したロースタイルは健在であり、Lサイズのクルマなのに運転を楽しめてしまう素敵なクルマです。, アウトドア用途で、あるいは多人数を乗せて長距離を気持ちよくドライブしたい方にオススメの一台です。, 2016年に生産が終了した今、中古車価格は平均70万円を下回るほど大幅に値下がりしています。, 本記事では、不人気車を一挙にご紹介いたしました。不人気車の選定からレビューまで、相当時間がかかりましたが、大半の良車をピックアップできたと思います。, 中古車の価格は、基本的に時間が経つにつれて下がっていきます。不人気車はその傾向が顕著であるため、資産的な意味では、「不人気車を新車で買うのは損」といえます。, たとえばファミリータイプの車は昨今を問わず人気がありますが、ファミリータイプとスポーツタイプの中間タイプの車はあまり人気が無かったりします。, また、元値が高い外車(輸入車)や国産上級車、大排気量の車など、維持費が+αで必要な車も中古車市場で値下がりしやすいです。, うまく不人気車を選択すれば、憧れの車を驚くほどのお買い得価格で購入できます。チャンスを逃さずお宝の車をゲットしましょう!, 中古車を選ぶ際には、あまりにも安すぎる車(激安車)は基本的に避けて、安い割には程度が良さそうな車(格安車)を優先して探すのがオススメです。, また、なるべく程度の良い中古車を手に入れるためには、評判の良い中古車販売店を見つけることも大事です。, 特に中古車選びが初めての方であれば、納車前の整備や保証内容にもこだわりましょう。カーセンサーで車を探す場合には、カーセンサーアフター保証を付けられる車であれば、保証内容が手厚い上に、近場のディーラーで無償の修理(※保証範囲内)を受けることができます。, 財布にやさしい不人気車で家計を節約しつつ、車の整備状態・保証にもきちんと気を配って、安全・快適な車ライフを目指しましょう!, (function(timeout){setTimeout(function(){var notice=document.getElementById("cptch_time_limit_notice_30");if(notice)notice.style.display="block";},timeout);})(120000);

.

Ikon サイン会 ボーダー 5, プラド リフトアップ 2インチ 4, 広島 スコット なんj 20, スカパー オン デマンド Ps4 15, Ios Fullscreen Api 10, Firebase Unity Issue 7, Lexon Mino X 5, アルミテープ 耐熱温度 ダイソー 5, Laravel Insert 文字化け 6, ショパンの 手 ブロンズ 5, Snap Camera 映らない 8, Ps4 運動 できる ソフト 7, Would You Like Some 意味 4, 水耕栽培 100均 バーミキュライト 17, インスタグラム プロフィール 特殊文字 6, ラフィアン 募集馬 2020 16, 八千代市 保育園 コロナ 7, 高卒 無資格 2ch 8, Jr西日本 役員 経歴 6, Crown2 Lesson1 Exercise 58, リーフ 7セグ 距離 4, コーギー 里親 兵庫 4, テスラ 蓄電池 認定施工店 5, 本気で 五 キロ痩せたい 43, 告知義務違反 解約 したい 4, If You Want Be In Find Out 意味 12, バトントワリング レオタード 作り方 6, Psvita 後継機 2020 8, 猫 爪とぎ ポール 交換 4, たか やん とりあえず 痩せ てぇ 歌詞 5, Sqlserver テーブル 変更 タイムアウト 17, Twitter 前のツイートに追加 邪魔 26, ワードプレス プロフィール画像 イラスト 10, ブロック解除 連絡 きた 24,