1898年にフィリピンはアメリカの支援を得て、スペイン領から脱却し独立を果たしました。・・・かと思いきや、まさかのアメリカの裏切り。スペインとの間で2000万ドルを支払うことで譲り受けていました。, -1898年 ~ 1942年 アメリカの植民地 American Imperialism and the Philippine War, Daniel Wertz, Wesleyan University, 2008. http://www12.plala.or.jp/rekisi/huliripinn.html. 英語は化学・数学・技術の分野, このように、高校まで卒業しているフィリピン人は当たり前のように英語を話すことができます。大学まで進めばなおさら。難しい文献なども全て英語。図書館に行けば英語の本ばかりです。, 基本的にとても勉強熱心なフィリピン人。特に、フィリピンの英語学校やオンライン英会話で教える講師は、多くが大学を卒業し、とてもキレイな英語を話します。, フィリピンでは、基本的にはアメリカの植民地時代の影響でアメリカ英語に近い英語が話されていますが、国語や母語であるタガログ語やセブアノ語の影響もあり、若干の訛りがあります。, しかし、その反面、英語が母語でないからこそ、英語を学習する側の気持ちをよく理解してくれるフィリピン人。自分たち自身も学校でしっかりと英語を学んできているので、効果的な学び方や練習の仕方を根気強く教えてくれます。手取り足取り基本をしっかり教えてくれるので、英語の基礎から学びたいビギナーの人には特におすすめですよ^^, 以上、”フィリピン留学の基本豆知識”・・・フィリピン人はなぜ英語を話せるのか、フィリピンの歴史や文化、教育事情を踏まえてお話ししました。, フィリピン人が英語を話せる一番の理由としては、もちろん過去の植民地の影響もありますが、何よりも若者が未来をしっかりと見据えているから。, 海外に出稼ぎに行ったり、フィリピンの外資系企業で働いて、少しでも良い給料をもらって家族を助けたい。そんな強い目的意識を持って英語を習得する人がとても多いんです。, フィリピン留学を通して、英語習得だけでなく、英語学習に対する目的意識や必死に努力すること、熱心に取り組むことなど、多くのことをフィリピン人から学ぶことができるでしょう。, YOLOの記事を書いている、Mioです! 中野聡「民主主義と他者認識--アメリカのフィリピン政治論」2000年、34thアメリカ学会年次報告資料, 柴田建「ゲーティッドコミュニティとスラム」『家とまちなみ』No.63,2011,3, 住宅生産振興財団, 荒哲「リカルテ将軍の政治思想について」アジア研究vol54,No.1,2008年1月, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フィリピンの歴史&oldid=80035588, 極東の平和は、日本、アメリカ、イギリス3国による事実上の同盟によって守られるべきである。. ただし発音に関してはアメリカではなくイギリス英語に近い印象がある。. ■ Place:沖縄在住 (Okinawa, Japan)


米西戦争の後1898年から1946年まで、フィリピンはアメリカの統治下にあり、その際英語での教育が強制導入されたという歴史がある。.

スペインが攻撃を仕掛け続け、1565年にようやくセブ島を支配、その後マニラも制圧し、スペインの植民地となります。この期間内にも途中2年間はイギリス植民地にされたりと、入れ代わり立ち代わりで占領されてきました。, -1898年6月12日 フィリピン独立記念日 Pulog) である。, プレート境界付近の環太平洋造山帯に当たる地域であることもあり、プレートテクトニクスの影響で、火山が点在し、地震の頻発地帯としても知られる[注釈 11]。また、鉱物資源に富み、金鉱床は南アフリカに次ぐ規模を誇り、銅鉱床は世界規模で、ニッケル・クロム・亜鉛も多い。地熱発電は電力需要の18%を賄い、アメリカに次ぐ量である。, 220万平方kmに達する領海には豊富な海洋資源があり、魚類は約2400種、サンゴは約500種が生息していると言われる。アポ・リーフはオーストラリアのグレート・バリア・リーフに次ぐ規模のサンゴ礁である。, スプラトリー諸島(南沙諸島)で領有権問題を抱えている。違法伐採による森林減少も大きな問題である。, 全国的に、日本のような詳細な地図・道路地図は発行されておらず書店、空港などで購入できる地図も、非常に大まかなものである。むしろインターネット経由でGoogle マップを閲覧した方が、詳細な地図情報を得られる。, フィリピンの気候は熱帯海洋性で、1年の大半は暑く湿度が高い。季節は夏と秋のみで、3月下旬から10月上旬が猛暑日で10月下旬から3月上旬が涼しく乾燥している。3月から5月は初夏、6月から10月は雨季の季節になる。秋にはハロウィンやクリスマスのイベントを祝っている。南西からと北東からの季節風がある。気温は21 ℃から32 ℃で、1月が最も低く、5月が最も高い。, 台風の通り道にあたり、7月から10月にかけて付近を通過する台風が多く、年間では平均19回通過する。フィリピンのはるか東の西太平洋海上で6月から12月にかけて熱帯低気圧が多く発生し、西に進み、一部は台風にまで発達して、フィリピンやインドシナ半島に進むものがある。なお、季節風の影響を受ける地域ながら、海に囲まれているために、冬季に卓越する北西からの季節風も、夏季に卓越する南西からの季節風も、いずれも降雨をもたらす[40]。ただし、先述の台風の影響もあって、特に5月から11月にかけて多雨となる[40]。なお、年間降水量は東部海岸山岳地帯で最大5000 mmに達することがある。, CIAによると、フィリピンの2017年の購買力平価GDPは8756億ドルである。1人当たりでは8300ドルであり、世界平均の半分ほどである。フィリピンの経済は、輸出への依存度の低さ、比較的堅調な消費、1000万人を数える出稼ぎ労働者による海外からフィリピンへの仕送り、急成長するサービス業により、世界経済の混乱の中で比較的安定を保ってきた。2017年には、大胆なインフラストラクチャー支出の発表の影響もあり、2008年の世界金融危機以降初めて経常赤字に陥った。ただ、海外からの仕送りや金融システムは安定している[41]。ただし、国民の貧富の差は大きく[42]、都市部ではパグパグなどの問題も発生している。, フィリピンは他の東南アジア新興国と同様に基本的には農業国であり、全人口の約40%が第一次産業に従事している。熱帯に属することから多種多様な作物を作ることが可能で、サトウキビやココナッツ、コプラ、マニラ麻、タバコ(主に葉巻たばこ用)、バナナなどの生産が盛んである。, 主食用にはコメ、トウモロコシを産し、特に米の生産が多く、毎年約1500万トンもの米を産出する世界第8位の米生産国であるが、その自給率は低く、大量の米を輸入している。特に米に至っては世界最大の米輸入国であり、アジア有数の農業国でありながら、大量の食糧を世界から輸入するというジレンマに陥っている。, そのことが、フィリピンの社会問題となっており、2007年-2008年の世界食料価格危機には政治的に大きな影響を受けた。その根本原因には過剰な人口と、過酷な貧困問題に加え、前近代的な農法から来る農業生産性の低さと、フィリピン政府・官僚の腐敗 (en) 、外貨を得るために輸出商品作物の栽培に偏っているなど、様々な原因が指摘されている。, かつては緑の革命により、1970年代から1980年代を通して米の大増産に成功し、米自給率100%を達成し、米輸出国となったが、1990年代に入ると、緑の革命は頭打ちを迎えるようになり、生産量の横ばいになり、あるいは化学肥料の使いすぎ、水資源の枯渇などで生産量の減少さえ引き起こし、工業化による農地減少もあって、再び米輸入国に逆戻りしてしまう。現在も食料の自給率は遅々として回復せず、国民の生活は昨今の穀物価格の高騰やベトナム政府の米輸出制限措置の影響を大きく受けている。漁業は全国で幅広く行われるが、自給用の小規模なものが多い。, 豊富な森林を有しているため、林業は盛んであり、マホガニー、ラワン材なども重要な輸出品となっている。アメリカ領土になった当時の1898年、国土の70%は森林で覆われていた。航空写真での森林調査が始まった1968年には、55.5%が残されていた。しかし、1981年の調査では40.8%にまで減っていた。そして原生林は森林面積の13%ほどしかない[43]。森林の減少は21世紀に入っても続き、2003年に256万haの面積であった閉鎖林(面積の40%以上が樹木に覆われた森林)は、2010年に193万haにまで縮小。旧来型の焼畑農業の拡大や新たな農地を森林の開墾により求める手法は、地域住民の貧困の解消と森林の破壊をトレードする図式となっており歯止めがかかりにくい状況になっている。2010年代に入るとベニグノ・アキノ大統領は、森林回復に向けた植林プログラムを実施。2016年までの大統領在任中に150万haの面積に15億本の苗木を植えるという目標を打ち出している[44]。, アメリカによる植民地政策では農業政策が失敗し、スペイン時代のプランテーション農業に基づく地主と小作人の関係が現在も続いている。この地主は全国に数十人おり、彼らの家族が国土の半分以上の土地を所有している。農村部では半数以上が1日1ドル以下の生活をする最貧困層で、これがミンダナオ島イスラム教地域では更に75%以上が最貧困層とされる。こうした貧困の緩和を目指して、政府は農業・農村開発プログラムとして、農業省(DA)及び農地改革省(DAR)を中心に農業の近代化やインフラ整備を進めようとしている[45]。, 植民地時代・独裁時代に一部の特権階層が経済を独占してきたアシエンダ制(大農園)の影響が残っており、財閥による寡占状態にある。Andrés Sorianoによって急成長したサンミゲル醸造所(英語版)を傘下に収めるサン・ミゲル社、不動産開発で成功したアヤラ財閥、砂糖プランテーションから不動産開発に多角化したアラネタ財閥(英語版)、Ortigas Centerを所有するオルティガス財閥(英語版)、ミンダナオのバナナプランテーションや銃器メーカーArmscorで有名なツアソン財閥 (Tuason Family)、コラソン・アキノの父Jose Cojuangcoの興したホセ・コファンコ・アンド・サンズ (Jose Cojuangco and Sons Inc., JCSI) 社を擁すコファンコ財閥、Alfonso Yuchengco率いるユーチェンコ財閥 (Yuchengco Group)、John Gokongwei率いるコーヒー会社や食品会社Universal Robinaで有名なゴコンウェイ財閥 (Gokongwei)、ヘンリー・シィ(英語版)率いるSMプライムホールディングス(英語版)を擁すシューマート財閥 (SM Investments Corporation)、マリアノ・ケ (Mariano Que) 率いるMercury Drugなどが知られている。, フィリピンは鉱物資源(銅・金・ニッケル・クロム等)に恵まれた国で、かつてはインドネシアに次ぐ東南アジア有数の鉱産国であったが、1980年代から衰退し始め、銅の生産量は1980年の30万トンをピークに落ち込みが続き、2000年には3万トンしか生産されず、この20年間で銅生産量は10分の1にまで落ち込んでいる。これは、生産コストの上昇、金属価格の低迷によって引き起こされ、さらに1986年に起こったマルコス元大統領の亡命に見られるような政治的、社会的不安が鉱業の衰退に拍車を掛けた。1994年の鉱産税の減税、1995年の新鉱業法制定により、鉱業の再生が進むものと見られたのにも拘らず、その後も鉱業は冷え込んでいる。操業中の鉱山も2001年には12鉱山(金鉱山3、銅山4、ニッケル鉱山3、クロマイト2鉱山)となっている。しかし、未開発の鉱山もまだまだ多数存在しているとされており、北スリガオ州、マニラなどで優良な金鉱や銅鉱が発見されており、セブでも新たに金、銅、亜鉛を含む多金属鉱床が発見されており、フィリピン鉱業の潜在能力は非常に高いものである。, フィリピンは工業の中心は食品加工、製糖、製剤、繊維などの軽工業が中心である。近年では電子部品の生産も盛んである。フィリピンの工業化はマルコス政権時代から図られ、新中国やベトナムなどの共産圏と対峙するために、反共の砦としてアメリカ合衆国に軍事的・政治的に従属する代わりに莫大な支援を受けて、マルコス独裁のもとに開発独裁を進めた結果、農業国から軽工業国へと変貌を遂げ、1960年にはフィリピンは東南アジアで最も豊かな国となった。, しかし1980年を境に、1人当たりの所得は次第に頭打ちとなり、独裁による政治腐敗や1983年に発生したアキノ上院議員の暗殺事件などを経て、1986年のエドゥサ革命によりマルコス政権が崩壊する。, そして、もともと脆弱だったフィリピンの社会情勢は一気に政情不安状態に陥り、フィリピン共産党系の新人民軍やイスラム教が主流を占めるモロ族との内戦状態が激化すると、次第に外国企業にとって「ビジネスのやりにくい国」「投資のしにくい国」「規制の多い国」になり、タイ王国やマレーシアやベトナムなど、他のASEAN諸国が急成長するなかで『東南アジアの病人』と言われるほど、フィリピンの経済成長が伸び悩んでいく。, フィリピンのインフラストラクチャーも極めて貧弱で、とりわけ高速道路・鉄道・電力やエネルギーなどの社会資本の立ち遅れなどが、工業化を妨げる1つの要因となっている。その代わりに、重工業化がタイ王国などに比べると、まだ進んでいないため、皮肉にも今のところは原油価格の変動を受けにくいとも言える。, また、フィリピンはその地理から、天然の良港が多数あることを生かした造船業が盛んで、2010年現在では造船業で世界第4位の規模を誇る[46][47]。日系・独系などの自動車メーカーの組立工場は、カビテ州やラグナ州に集中し、エアバス・ボーイングの航空機部品工場は、バギオ市近郊に集中する。, ビジネス・プロセス・アウトソーシング (BPO) は観光と並び、今後フィリピンで最も成長するであろう産業だと見られている[48][49]。特にコールセンター業が有名で、労働力が安価であることと教育水準が高いことに加えて、元々アメリカの植民地であり公用語が英語ということもあり、欧米企業に人気がある。2010年にはインドを抜いて世界最大の委託先となっている[50][51]。BPOの雇用者数は2005年には約10万人だったのが2012年には約70万人に増加しており[52]、年間110億ドルを売り上げている[53]。2016年にはさらに約130万人の雇用と年間274億ドルの売り上げを生み出すと予測されている[54]。, その他にも、近隣の日本や韓国など非英語圏の国からの語学留学先としても人気があり、近年多くの人が英語留学に訪れている。, 中東地域などに建設労働者、メイド、家政婦として出稼ぎを行うフィリピン人は多く、彼らが本国へ送金する仕送り額は2016年現在、1兆2780億ペソと名目GDP比率で8.8%に相当する額となっている[55]。ただし彼らが勤務先で良好な労働環境に恵まれているとは限らず、しばしば虐待に遭う被害を受け、国際問題化することもある[56]。, セブ島やボラカイ島など、リゾートを中心とした観光業が重要な産業となっており、より観光客や工業投資を誘致するため、観光地の州政府はインフラ整備に余念がない。またカジノも、多くの観光客を惹き付ける魅力の1つとなっている。, 逆にフィリピン人が、アジアに訪れる観光地トップ5の2015年データは、表の通りになっている。, グロリア・アロヨ政権時代の4.5%と比較し、2011年から2017は平均して6%以上の経済成長を達成し、IMD世界競争力ランキングの順位を上げた。2017年には直接投資が過去最高となったものの、憲法や各種法規が、海外資本による直接投資の妨げや、海外資本の土地や公共事業体の所有の制限となっているため、地方への海外資本の直接投資は限られている[57]。, ニノイ・アキノ国際空港、マクタン・セブ国際空港、クラーク国際空港などがフィリピンの空の玄関として機能している。
フィリピンの歴史(フィリピンのれきし)では、フィリピン共和国の歴史を述べる。フィリピン史は先スペイン期、スペイン植民地時代(1565年-1898年)、アメリカ合衆国植民地時代(1898年-1946年)、独立以後の時代(1946年-現在)に大別される。, カガヤン州ペニャブランカ(英語版)のカヤオ洞窟(英語版)から6万7千年前のアジア最古のホモサピエンス、カヤオ人(英語版)の人骨が出土。[1], パラワン州 のタボン洞穴(英語版)で見つかった約1万6500年前のものと見られるタボン洞窟人(英語版)の人骨と石器、コウモリや小哺乳類の骨などである[2]。人骨は甕棺に納められており、これを中国の風習の影響と見る人もいる[3]:10。, また、リサール州のビナンゴナンでは紀元前3000年前のアンゴノ・ペトログリフ(英語版)が見つかった。これらの遺物を残したのはネグリト人やオーストロネシア人よりも前にフィリピンに住んでいた人によるものと考える人もいる[4]。, これらの住民との関連性は不明だが、これら住民を除けばフィリピンの初期の住民はネグリト人と考えられている。ネグリト人もいつから住んでいたかは不明である[5]。2万年前ぐらいと考える人もいる[6]:31。ネグリト人は従来オーストラロイドと考えられていたが、遺伝子研究によりオーストラロイドの要素を含む新モンゴロイドであるとする説もある[7]:15。, それに続いてオーストロネシア語族の支族マレー・ポリネシア語派が紀元前4000年頃に到来した[8]

.

金運 待ち受け 即効, 七つの大罪 タルミエル 声優, オークス オッズ 投票, 楽天 オペレーター チャット, 阪神 住吉 時刻表, 七つの大罪 タルミエル 声優, スイカ オートチャージ コンビニ, コンビニ キャッシュレス還元 されない, 年間カレンダー 2020 4月始まり, スイカ オートチャージ コンビニ, 朝顔 2 ドラマ あらすじ, 相鉄線 時刻表 横浜, 七 つの 大罪 エリザベス 敬語, 教育実習 プレゼント メッセージカード, 楽天 オペレーター チャット, 教育実習 プレゼント 幼稚園, 相鉄線 時刻表 横浜, 和田明日香 上野樹里 仲, ヨミフ ケジェルチャ 身長, 相鉄線 時刻表 横浜, オークス オッズ 投票, 教育実習 プレゼント メッセージカード, 都営三田線 時刻表 大手町, 朝顔 2 ドラマ あらすじ, 鈴木愛理 グッズ Tシャツ, 祝日 祭日 一覧, 年間カレンダー 2020 4月始まり, アナザースカイ 風間 動画, 柄本明 自宅 場所, 七 つの 大罪 エリザベス 敬語, 祝日 祭日 一覧, スイカ オートチャージ コンビニ, アナザースカイ 風間 動画, 金運 待ち受け 即効, 大阪上空 ヘリコプター 今日, 鈴木愛理 グッズ Tシャツ, 朝顔 2 ドラマ あらすじ,