しっくりくる説明文は以下のものでした. バッハと言えば音楽の父と呼ばれ、天才のイメージがあります。そんな音楽家として世界的に有名なバッハですが、一体どのような人物だったのでしょうか。そこでバッハに関する、知られざるエピソードやトリビア、逸話をご紹介します。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="05f4c447.3271b725.06c4c4b1.17cac686";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1557492656380"; J.S. しかもバッハが亡くなった1750年から1829年までの間、彼とその曲の存在は世間から忘れられる事になります。. この「 の父」というのはヨーロッパ的発想で、日本なら、手塚治虫が「マンガの神様」、松下幸之助が「経営の神様」と呼ばれたように、「音楽の神様」とでもなるだろう。. ©Copyright2020 musica.All Rights Reserved. バッハは「音楽の父」と呼ばれている。. バッハことヨハン・セバスティアン・バッハが手掛けたクラシックは現在でも人々から愛されており、結婚式や卒業式など様々な場面で用いられています。それはショパンやベートーヴェンといった18世紀から20世紀の作曲家たちも同様ですが、バッハが他の作曲家たちと一線を画しているのは「音楽の父」と言われている由来です。, 歴史に名を残した偉人たちは後世や当時の人々からその人にふさわしい呼び名を与えられます。, 例えば日本では戦国時代の有名な武将であり天下人の1人である織田信長は苛烈な行いから「魔王」と呼ばれ、当人もそれを認めました。また病院建築や介護の変革など医療の現場に多大な功績を残したフローレンス・ナイチンゲールは「近代介護教育の母」とも「白衣の天使」とも呼ばれています。つまるところ偉人の呼び名とは箔である事と同時にその人の偉業を最も体現している名というわけです。実際にベートーヴェンことルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは音楽史において重要な作曲家であるため、「楽聖」と呼ばれています。, それを踏まえるとバッハの「音楽の父」という意味はクラシックを初めて誕生させた人物のようにも受け取れますが、彼が生まれた時代である1600年代には音楽は存在していました。しかもバッハが亡くなった1750年から1829年までの間、彼とその曲の存在は世間から忘れられる事になります。, これは当時の対応としては当然で、19世紀の前半までは生きている作曲家たちの曲が演奏されるものでした。反対に死んだ音楽家たちの曲は研究対象でしかなく、それは音楽の父であっても例外ではなかったそうです。ところが1829年3月11日にフェリックス・メンデルスゾーンが行った「マタイ受難曲」の演奏がヒットし、再び音楽の父は受け入れられるようになりました。, 実はモーツァルトにベートーヴェン、ショパンなど名だたる音楽家たちは鍵盤楽器の練習曲で使っていたのは彼が手掛けた「平均律クラヴィーア曲集」でした。一見すると何の変哲もないようですが、音楽家が他の作曲家の作品を手本にするというケースは全くないのです。, 作品のタイトルには練習曲と名付けられたものがありますが、あれはあくまで音楽家自身のためによるところが大きいと言えます。だというのに、弾く際の癖を矯正するためにわざわざ音楽の父の曲を選んで弾いていたショパンのエピソードがあるほどに彼は後世の音楽家たちのお手本となっていたわけです。, 音楽の父という呼び名はあらゆる音楽家たちの教師である事を表していますが、もう1つ意味があります。, 対位法とは複数の旋律をそれぞれ独立させながら程よく調和して重ねる技法で、和声法とは1つの旋律を軸に和音で曲を奏でていく技法とされています。全く異なる技法の転機は音楽を急速に成長させ、ベートーヴェンが活躍した18世紀は和声法が主流でした。その橋渡しをしされていますが、実のところは不明です。音楽史では対位法と和声法の転換期は明確にされておらず、1750年代前後の音楽家たちには2つの技法をそれぞれ用いた者たちもいました。, もちろん1600年代以前の音楽も同様です。彼が橋渡し役になったというのはひとえにターニングポイントに丁度よい人物だからだったと推察されています。いずれにしても彼が現代の音楽史の源流である事は言うまでもありません。あのベートーヴェンも晩年は和声法から対立法に切り替え、彼が手掛けた作品の曲調に回帰していったと言われています。それが音楽史の偉人の呼び名の由来です。. それを踏まえるとバッハの「音楽の父」という意味はクラシックを初めて誕生させた人物のようにも受け取れますが、彼が生まれた時代である1600年代には音楽は存在していました。. バッハといえば言わずと知れたクラシック音楽の作曲家です。音楽の授業では必ず取り上げられ、音楽室には必ず肖像画が飾られています。そんな彼の生き様や生活の様子などがわかる書籍を紹介します。, 当時、彼は作曲家である前に、オルガンの演奏者として知られていました。彼亡き後は、そのことは忘れ去れてしまいましたが、オルガン演奏者としても評価されていたのです。, 彼は生涯に20人の子供を授かりました。しかし、その内10人は幼くして亡くなってしまいました。成長した数人の子供たちは、父と同じく音楽の世界へ進みました。, 彼は1日数十杯飲むほどのコーヒー好きでした。彼の遺品リストには、コーヒーカップとポットが含まれているそうです。, 彼の名前のアルファベットを数字に変換した際の合計が14になるためだといわれています。BACH(バッハ)はB=アルファベットの2番目 A=1 C=3 H=8 合計14となります。, 彼の名前はドイツ語で小川という意味。偉大な業績を残しているわりに、少し一般的で小さな領域の印象を与えます。そこで、ベートーヴェンは「彼は小川ではなく大海である」との格言をのこし、彼を評しました。, 彼はとても勤勉だったといわれています。それを表す逸話として、彼の幼少期の出来事があります。彼には年の離れた兄がおりました。兄は作詞家であり、バッハもそんな兄の姿に憧れ、音楽の世界に興味がありました。ただ、幼いバッハには楽譜などはみせてもらえませんでした。そこで彼は兄の楽譜集を盗み出し、月光の下、夜な夜な楽譜を書き写し音の世界に独学で触れていったのです。, 彼は生まれつき視力が弱かったとされています。彼の従兄のうち何人かも同じ状態であったことから遺伝であろうと考えられています。晩年はほとんど見えていなかったといわれています。, 彼は晩年ライプツィヒ市で音楽監督官を務めていましたが、視力低下の影響を受け、ライプツィヒ支当局は後継者を探し始めていました。焦りを感じた彼は、藁にもすがる思いでとある医者に手術を頼みます。ところが、それはとんでもない手術でした。麻酔がないまま、目に針を刺して目の中のゴミなどを取り出すという大変荒いものでした。その3か月後に彼は失明どころか、脳卒中も引き起こしこの世を去ったのです。, 今とは違い、当時は旅をするのは命がけの事でした。交通手段もままならず、道中追いはぎや窃盗に合うこともしょっちゅうでした。また、各所で待ち受ける検問所も厳しく、簡単に通過できるものではありませんでした。そのような状況下でも、彼は楽器や楽譜と向き合うだけではなく、旅を通して音楽の見聞を広めようとしたのです。, 彼とよく比較されるのは、同時期に活躍していたヘンデルという作曲家です。彼はバッハ以上に名声がありました。またその死後も名をはせていました。この違いとして、ヘンデルは民衆向けを考慮した曲作りをしていたのに対し、バッハは神に捧げることを前提とした曲づくりをしていたためといわれています。, バッハは誰もがその名を知らないほど有名なクラシック音楽の作曲家です。様々な曲を生み出し、音楽の基礎を築きました。「音楽の父」と称されるほどの功績を残しています。クラシックと言えば聞こえはお堅いイメージですが、彼は多くの文化や音楽ジャンルを取り入れていたことで有名です。そういう意味では柔軟性の高いその時代の最先端を行っていた音楽家だと言えます。  彼は1685年にアイゼナハで生まれました。日本でいう江戸時代です。彼の家族はプロテスタントのルター派に属する音楽家一家でした。修道院に付属する学校で奨学金を受けながら学んでいます。早くに父親と母親を亡くしており、クリストフ家に引き取られて勤勉に学んでいました。, 岩波文庫によって発表された本書はその生涯から、作曲方法、弟子の養成に至るまで、彼のすべてを網羅した書籍です。これまでにされてきた彼についての研究の歴史も見ることができ、入門書として最適な内容になっています。彼の人物像の研究先駆けともなりました。, 本書では、聖楽という観点からバッハにクローズアップした内容になっています。プロテスタントのルター派からカトリックに至るまで聖歌音楽を作曲してきた彼の宗教観から魂に迫る1冊です。, 前衛的音楽から伝統的音楽に至るまで、様々なジャンルに挑んできたバッハ。ですがその生涯での本分は教会に仕える宮廷作曲家です。そこで彼は『主よ人の望みの喜びよ』や『マタイの受難曲』など神を通して魂に訴えかける曲を残しています。聖歌音楽かとしての一面だけに深く迫っており、彼の新しい一面に出会える書籍です。, 著者の樋口隆一がバッハと出会ったのは26歳の時、ドイツに行ったときでした。東西冷戦のさなかにあって、美しいドイツの風景に著者は感動。本書にはそんな思い出に反響する姿が映しだされています。, 日本を代表するバッハの演奏家兼研究家である鈴木雅明が対談形式でその魅力を語った本作。これまでにその音楽を再現し続けてきた演奏家だからこそ理解できた彼の魅力にせまる1冊です。, 本書はバッハの研究家であり演奏者として日本だけでなく世界的に高い評価を得ている鈴木雅明が初めてバッハについて書き記した1冊です。本書は彼の研究だけでなく、いかにしてその音を現代に再現するかまで書かれています。まさに彼を魂に取りこんだ鈴木雅明の自伝としても読めます。本作は辻荘一賞を受賞しました。. バッハと言えば音楽の父と呼ばれ、天才のイメージがあります。そんな音楽家として世界的に有名なバッハですが、一体どのような人物だったのでしょうか。, 生前のバッハは作曲家というよりも、どちらかと言えばオルガンの演奏家として知れ渡っていた人物です。才能は認められていましたが、バッハ亡き後は世間から忘れられた存在でした。, しかし息子たちや著名な音楽家たちによって、バッハの曲は細々と受け継がれていきます。, そしてバッハが亡くなってから約80年が経過した頃、ドイツの作曲家であるフェリックス・メンデルスゾーンによって、「マタイ受難曲」がベルリンで公演され、それがきっかけとなりバッハの曲は再評価されていくのです。, バッハ一族は音楽家の家系で数多くの音楽家を出してきたのですが、その中でもヨハン・ゼバスティアン・バッハは高い功績から大バッハとも呼ばれています。このことから普通バッハと言えば、ヨハン・ゼバスティアン・バッハを指します。, バッハは生涯で2度結婚し、なんと20人もの子供を儲けていますが、早くに亡くなってしまった子が10人います。また、成長した子供たち数人は父親と同じように音楽の道へ進み、成功しています。, バッハ自身は少しトラブルメーカーなところがあり、請け負った仕事のほとんどで揉め事を抱えていたと言われています。, バッハの意外なエピソードのひとつに、なんと一日に数十杯もコーヒーを飲んでいたコーヒー愛好家だったことも知られています。このコーヒー好きがこうじて、演奏場所が教会からコーヒーハウスになったりといった逸話も伝わっているのです。, バッハは音楽だけでなく、コーヒーの人気も同時に広めた人物であったと言えるでしょう。, さらにバッハは1750年に65歳で亡くなりましたが、その遺品リストにコーヒーカップとコーヒーポットが含まれていたというから、かなり好きだったことが分かりますね。.

.

ポケモンウルトラ ネクロ ズマ 強すぎ 24, Xmedia Recode 逆テレシネ 4, 蛇 庭 守り神 8, カロリーナ モデル 母 5, カロッツェリア 車速 色 5, ランド マーク 2 レッスン 9 単語 5, 大修 館 現代 保健 体育 6, シャボン玉石鹸 取扱店舗 福岡 7, エホバの証人 結婚式 ご祝儀 14, 聖路加 看護師 美人 5, Gta5 浴槽 入り方 22, Mr Gta5 Mod 14, キャスト モデルチェンジ 2020 8, Sing/シング I Don't Wanna 5, のし 連名 兄弟 21, 表札 シール 剥がし方 4, 月島蛍 特技 Pixiv 4, ドラクエ10 賢者 扇スキル 200 10, ひかりtv J スポーツ 4, Mugenキャラ ダウンロード ドナルド 4, 卒業論文 優秀 理系 33, 元調子 シャフト 2020 4, Ps4 サブ垢 プラスマーク 22, Mini F56 ヘッドライト交換 6, 用途名併記 添加物 ゴロ 16, 自動車保険 強さ ランキング 4,