次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 愛着があるから手放せないのか。売っても二束三文だから手元に残るのか。そばに置くには理由がある、, そんな論争を聞いたり読んだりしなくなって久しい。画像の加工、保管、そして共有などの利便性、ランニングコストを抑えられる経済性, ご紹介するFM10は、こんな時代でも製造販売が続いている世にも「奇妙」なフルメカニカルマニュアル一眼レフカメラだ。, フィルムの装填、シャッタースピード、絞り、ピント合わせ、フィルムの巻き上げ、取り出しなどの全てを撮影者が手動で行う、言わば、「苦労は買ってでもしろ」を体現する非常にレアなカメラだ。, 趣向は人それぞれではあるが、ライカや往年の名機に備わる「所有欲」を満たすような怪しい輝きは持ち合わせていない。どちらかといえば「教材」に近い存在。, 年、画質でフィルムがデジタルと拮抗していた時代。写真がどんなものか興味を持ち、訪れた東京新宿にある老舗カメラ店で紹介されるがままに購入した。Ai Nikkor 50mm F1.4も同時に購入し、翌日から外出時は必ず持ち出した。, 今ではデジタルカメラで写真を撮るようになり、まったく使わなくなった。保管中のレンズをホコリから守る“大型リアキャップ”として活用。フィルムを通さなくなってかなり久しい。, 写真を教えてくれた「恩師」に対しとても不敬な態度をとっている。家でひっそりと余生を過ごしているところを目撃するたびに「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」と直視するのを避ける。, 「巻戻しクランク、巻戻しノブ/裏蓋開閉ノブ」は、裏蓋の開閉、つまり、フィルム装填、撮影済みフィルムの巻き取りと取り出しの際に必ず操作する最も重要な装置の一つ。必要十分な機能だけがまとめられている。, 完全自動化を目指す流れの中でも、撮影したフィルムをいかなる場合でも取り出せるように, 巻き戻しクランクを真上に引き上げると裏蓋が「パコッ」と気持ちの良い音を立てて開く。パトローネ(, クランクの上部に収納されたノブを起こし、(この時にクランクごと引き上げてはいけない)クランクに印された矢印方向に軽く回すとフィルム面が平らになる。初めて, この時点からフィルムカウンターがスタートする。シャッターを2、3回切る。カウンターが0か1になったら撮影可能となる。撮影後はカメラの底にあるロック解除ボタンを押し、ノブを矢印方向に回して撮影済みのフィルムをカメラ内のフィルム缶にに巻き取る。ノブを回すテンションが弱くなったらフィルムがスプールに収められた証拠。この時点で初めて裏蓋は開けられる。, FM10には、ファインダー内に簡単な露出計があり、シャッターボタンの半押しで作動する。露出計はSR44酸化銀電池2個、またはLR44アルカリ電池2個、CR-1/3Nリチウム電池1個をカメラの底部にあるバッテリー室に装填すると機能する。, 長期間入っていない。電池を入れっぱなしにしておくと、電池の液漏れによって接点に腐食が発生することがある。, 巻き上げは、F3などの高級機ではないので、分割巻き上げができないワンストローク仕様。最後までしっかり巻き上げきらないとシャッターは切れない。, 露出、ピント、構図を決め、シャッターボタンを押しても、巻き上げが不完全でシャッターが切れないといったことを数回経験している。, シャッタースピードダイヤルはプラスチック製。操作時のクリック感はしっかりとしていてNikon Dfと同等だ。シャッタースピードは1秒~1/2000秒まで選べる。, Bは「バルブ」でシャッターボタンを押している間だけ露光する。1秒より長い時間露出したい場合はレリーズコードを使用する。, 露出計を正確に作動させるためには、シャッタースピードダイヤルの外枠を上方に持ち上げて回転させ、装填するフィルムのISO感度に合わせる。設定できるISO感度の範囲はISO25から3200まで. この時点からフィルムカウンターがスタートする。シャッターを2、3回切る。カウンターが0か1になったら撮影可能となる。撮影後はカメラの底にあるロック解除ボタンを押し、ノブを矢印方向に回して撮影済みのフィルムをカメラ内のフィルム缶にに巻き取る。ノブを回すテンションが弱くなったらフィルムがスプールに収められた証拠。この時点で初めて裏蓋は開けられる。, デジタルカメラのメモリーカードスロットルの蓋と同じ役割だが、フィルムを巻き戻さないで開くと一瞬にしてフィルムが感光し、フィルムを台無しにしてしまいまう。, FM10のシャッター回り(Nikon Df+NIKKOR70-180mmf4-5.6), シャッターボタンは金属製。半押しの深さは約2mm。それ以上深く押すとシャッターが切れる。レリーズコードのネジ穴が中央にある。, FM10には、ファインダー内に簡単な露出計があり、シャッターボタンの半押しで作動する。露出計はSR44酸化銀電池2個、またはLR44アルカリ電池2個、CR-1/3Nリチウム電池1個をカメラの底部にあるバッテリー室に装填すると機能する。  私のFM10には電池がかなりの長期間入っていない。電池を入れっぱなしにしておくと、電池の液漏れによって接点に腐食が発生することがある。, 巻き上げは、F3などの高級機ではないので、分割巻き上げができないワンストローク仕様。最後までしっかり巻き上げきらないとシャッターは切れない。露出、ピント、構図を決め、シャッターボタンを押しても、巻き上げが不完全でシャッターが切れないといったことを数回経験している。, フィルム巻き上げレバーのさらに右に見える小さなレバーは多重露出レバーで、手間に引きながら巻き上げを行うとフィルムのコマを送らずにシャッターのみがチャージされ、1つのコマに重ねて露光できる。今風に言えば画像合成。使うことはほとんどない。, FM10のシャッタースピードダイヤル(NikonDf+NIKKOR70-180mmf4-5.6), シャッタースピードダイヤルはプラスチック製。操作時のクリック感はしっかりとしていてNikon Dfと同等だ。シャッタースピードは1秒~1/2000秒まで選べる。ストロボの同調速度は1/125秒以下。Bは「バルブ」でシャッターボタンを押している間だけ露光する。1秒より長い時間露出したい場合はレリーズコードを使用する。, 露出計を正確に作動させるためには、シャッタースピードダイヤルの外枠を上方に持ち上げて回転させ、装填するフィルムのISO感度に合わせる。設定できるISO感度の範囲はISO25から3200まで。現在のデジカメと比べると狭い選択範囲だが、当時はこのぐらいで十分だった。, カメラを正面から見てレンズの付け根、マウント左側のレバーをファインダーをのぞきながらボディー側に倒すと被写界深度を確認できます。平たく言うと、ピントが合う範囲を再現してくれる。, レンズの絞り値で、ファインダー内がかなり暗くなるが、フィルムを現像するまで被写界深度を確認できなかった事を考えると、なかなか便利な機能だった。, 撮影時の基本的な機能を見てきたが、実は紹介してきたほかに機能らしい機能はセルフタイマーとマウント右上の測光ボタンぐらいだ。フィルムを2、3本無駄遣いすれば使い方はある程度は身つく。. 操作方法は基本的にASAHI PENTAX SPを踏襲しており、中古のM42マウントレンズを楽しむことに特化した趣味のカメラです。, 他のCT-1スーパーをベースとしたカメラがプラスチック外装なのに対し、本機は金属外装であることもポイントです。 しかしボディはダイキャストのフレームを使用しているので、実用上の問題はまったくありません。, これらの利点から、ニコンFM10は初めての方が中古で手に入れるフィルム一眼レフカメラとしてもおすすめできる存在だといえるのではないでしょうか。, ではニコンFM10の性能を引き出すには、どんなニッコールレンズがおすすめなのでしょうか。, 結論から言えば、ニコンFM10には単焦点標準レンズがもっともよく似合うのではないでしょうか。, ニコンFM10の新品販売時には35-70mmの標準ズームがセットにされたこともあったようですが、それよりも、中古の単焦点ニッコールを組み合わせることをおすすめします。, 古くから写真の教科書代わりに使われてきたニコンFMシリーズ。 営業時間:10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします), 営業時間 10:00〜18:00(定休日:日・祝(新型コロナの影響により土曜日もお休みいたします). 歴史的に有名な存在として、初期の普及型一眼レフであるニコレックスF(マミヤのOEM)が知られていますが、その後は一貫して自社設計を貫いています。, そんな中でFM10をOEMとすることに踏み切ったのは、すでにフィルムカメラがAFに以降していたことが大きな要因なのではないでしょうか。, しかし、ここでOEM機種を用意していたことで逆に、フィルムカメラが退潮していくなかでも、販売ラインナップに機械式カメラを残すことが可能となったともいえます。, ニコンFM10は、単にコシナの一眼レフのマウントをFマウントに変えただけのカメラではなく、いくつかの改良が施されています。, まず、ミラーの動作時のショックを抑えるミラーバランサーを追加していること。 ( ログアウト /  それがコシナCT-1スーパーです。, コシナCT-1スーパー(1983年発売)は、コシナオリジナルの一眼レフ、コシナCT-1のシャッター最高速を1/2000秒としたモデル。 それがFM10です。, ニコンFM10は、ニコンのフィルムカメララインナップに最後に残った機械式一眼レフカメラ。, デジタルカメラがカメラの主流となるなかで、ニコンも2006年にフィルムカメラのラインナップを大幅に縮小することとなりました。 このニコンFM10が使えれば、他のどんなフィルムカメラでも使えるようになれると言っても過言ではありません。, シャッター速度は最高速1/2000秒。  今ではデジタルカメラで写真を撮るようになり、まったく使わなくなった。保管中のレンズをホコリから守る“大型リアキャップ”として活用。フィルムを通さなくなってかなり久しい。, 写真を教えてくれた「恩師」に対しとても不敬な態度をとっている。家でひっそりと余生を過ごしているところを目撃するたびに「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」と直視するのを避ける。私にとっては重要なアイコンであり続けている。, 装着したレンズのピントリング、絞りリングの他に、使用する際に必ず操作する ①「巻戻しクランク、巻戻しノブ/裏蓋開閉ノブ」 ②「シャッターボタン/巻き上げレバー」 ③「シャッタースピードダイアル」をご紹介する。, 解除状態の巻き戻しクランク(Nikon Df + NIKKOR 70-180mmf4-5.6), 「巻戻しクランク、巻戻しノブ/裏蓋開閉ノブ」は、裏蓋の開閉、つまり、フィルム装填、撮影済みフィルムの巻き取りと取り出しの際に必ず操作する最も重要な装置の一つ。必要十分な機能だけがまとめられている。  スプール側の歯車がフィルムの上下にある穴に噛むように調整し、裏蓋を閉めずに2枚ほどシャッターを切る。しっかりと巻き取られている様子を確認したら、クランクの上部に収納されたノブを起こし、(この時にクランクごと引き上げてはいけない)クランクに印された矢印方向に軽く回すとフィルム面が平らになる。初めて裏蓋を閉じる。 日本が誇る高性能「ニッコールレンズ」は、ぜひフィルムで楽しんでみたいレンズです。, そんなニッコールレンズを手軽に楽しみたいとき、ぜひおすすめしたいカメラがニコンFM10。 ニコン独自の味付けがなされることで、非常に安心して使うことができるモデルとなっています。, また中古価格もリーズナブルなため、これからフルマニュアルの機械式フィルム一眼レフカメラを手に入れる場合、初めての選択肢としてもおすすめできる存在であるといえます。, 同じニコンFMシリーズのニコンNewFM2が、撮影のすべてを手作業で行ってカメラの基礎を学べるカメラとして写真学校の学生に愛用されていたように、ニコンFM10もまた、絞りやシャッタースピードといった撮影の基本について学ぶのに最適なカメラです。, 操作方法は、他の多くのフィルムカメラと共通するオーソドックスなもの。 露出計の表示はLED式で、FMやNewFM2を受け継いだともいえる形式となっています。, OEM機種であるという一点において、他のニコンのカメラとは大きく異なるフィルム一眼レフカメラであるニコンFM10。, ニコンFM10をいま中古で手に入れて使うことにはどんなメリットがあるのでしょうか?, まず最大のメリットとして、中古価格が安価であることが挙げられるでしょう。 ニコンFシリーズの1桁ナンバーはニコン銀塩カメラのフラッグシップモデルに冠せられ、ニコンFからニコンF6まで6モデルがある。「F一桁」(エフ・ヒトケタ)とも呼ばれる。 ニコンFM10は入門機として、カメラの基本をフィルムで学ぶのに最適なカメラとして、販売が続けられることとなりました。, もともとは廉価機種が求められた海外市場向けに生まれた機種で、製品としては割り切りがみられるもの。 ( ログアウト /  それ以外、基本的なシャッター機構などは同一となります。, ニコンFE10もまた、コシナのOEMによる製品。 ニコンFM10は、結構、海外からの旅行者が持っているんですよ。去年だけでも4,5人見ました。アジアでは意外と売れているのかなと。 最後、生産終了あたりで2万円上がったんですよね。だから以前は4万前後だったかな。 露出、ピント、巻き上げ、すべてを手作業で行うカメラになります。, よく知られているようにニコンFM10は他社(コシナ)のOEM供給によるカメラですが、それでもFM10はニコンのカメラ。 そんななかで残ったのが、このFM10、そして最上級機のF6。 このニコンFM10の生みの親であるだけでなく、カメラ本体からレンズまでを一貫して製造することができる、世界的にも数少ないメーカーでもあります。, ニコンが海外市場向けに廉価機種としてFM10を販売するにあたり、このコシナを選んだのは、ひとえにコシナが非常に完成度の高いカメラを製造することができたからにほかならないでしょう。, ニコンは本来、他社のOEMに頼ることがあまりないメーカーでした。 1995年にデビューし、プロ用 マニュアル一眼レフフィルムカメラ・ニコンf3の20年にも及ぶ販売期間(1 980年~2000年)を越えている 。 FM10とAi-Nikkor 50mm F=1.4。 途中で外観のモデルチェンジが行われていますが、基本的に同一の機構を受け継いで製造が続けられています。, マウントはペンタックスKマウントで、ペンタックスやリコーをはじめとする多彩なKマウントレンズを中古で楽しむことが可能です。, キヤノンT-60は、コシナCT-1スーパーをベースに、キヤノンFDマウントを採用した機械式一眼レフカメラ。 135フィルムを使用する24×36mm(ライカ)判一眼レフカメラであり、フラグシップ機。. あまりにも安価な中古は、状態があまりよくないことも考えられます。, またニコンFM10は機械式フィルム一眼レフカメラの設計が完成した後の時代に作られたカメラであるため、壊れやすい点や機構上の弱点がとくに存在しないことも、中古で良好な個体を探しやすいというメリットにつながっています。, また、ニコンFM10は他の機械式ニコンに比べて非常に軽量です。 ニコンfm10 は、ニコンのフィルムカメララインナップに最後に残った機械式一眼レフカメラ。. ニコンF(一桁台)シリーズ. 中古のFMにおけるダンパーゴム劣化のような「持病」もとくに知られていません。, 露出計もオーソドックスな中央重点測光。 Nikonから発売されているフィルムカメラ「Nikon FM10」。 絞り・シャッタースピード・ピントのすべてを自分で操作するフルマニュアルカメラです。 ボディは420gと軽量で持ち運びしやすく、写真の基礎を学ぶのに最適な一台と言われています。 露出計もボディに内蔵されていて、ファインダーの隅にプラスかマイナスで表示されます。 カメラとレンズの記事 Nikon(ニコン) カメラ カメラ Canon (キャノン) その他のメーカー. 「Nikon F」から「Nikon F6」までの84機種のフィルム一眼レフカメラ、「Nikon E2」から「Nikon D3400」までの52機種のデジタル一眼レフカメラの計136機種の発売年月とその仕様です。 デジタル化の波に抗えず生産終了. 愛着があるから手放せないのか。売っても二束三文だから手元に残るのか。そばに置くには理由がある、を考える、カメラ考。, そんな論争を聞いたり読んだりしなくなって久しい。画像の加工、保管、そして共有などの利便性、ランニングコストを抑えられる経済性から、多くのユーザーがデジタルカメラを選んでいる。そのためフィルムユーザーは減少し、製造販売されるフィルムカメラ、フィルムもめっきり減った。, ご紹介するFM10は、こんな時代でも製造販売が続いている世にも「奇妙」なフルメカニカルマニュアル一眼レフカメラだ。フィルムの装填、シャッタースピード、絞り、ピント合わせ、フィルムの巻き上げ、取り出しなどの全てを撮影者が手動で行う、言わば、「苦労は買ってでもしろ」を体現する非常にレアなカメラだ。, 趣向は人それぞれではあるが、ライカや往年の名機に備わる「所有欲」を満たすような怪しい輝きは持ち合わせていない。どちらかといえば「教材」に近い存在。1995年にデビューし、プロ用マニュアル一眼レフフィルムカメラ・ニコンF3の20年にも及ぶ販売期間(1980年~2000年)を越えている。, FM10とAi-Nikkor 50mm F=1.4。35mmフィルムカメラにおける焦点距離50mmの感覚を叩き込んでくれた名コンビ, 2005年、画質でフィルムがデジタルと拮抗していた時代。写真がどんなものか興味を持ち、訪れた東京新宿にある老舗カメラ店で紹介されるがままに購入した。Ai Nikkor 50mm F1.4も同時に購入し、翌日から外出時は必ず持ち出した。 変更 ), マイクロストック、投稿型写真素材サイト= 低価格のストックフォトって儲かるの?写真販売で稼ぐ副業ですか?最近は日産ルノー元会長のカルロス・ゴーン逮捕裁判と大脱走絡みの世界の情報サイト化してる当ブログですが, 郷原信郎弁護士・日産自動車元会長カルロス・ゴーンの日本における100億円賠償請求民事訴訟の代理人弁護士に就任:Ex Public Prosecutor, Nobuo Gohara appointed as the cheif attorney for Ghosn, to deal with a civil trial filed against Carlos Ghosn by Nissan: He unveiled Ghosn has not received any notice of this lawsuit from the Japanese Court, 無名だけど生存期間は結構あった日本古参のマイクロストックフォトサイトFineShotが2020年末で閉鎖, カルロス・ゴーン救出作戦?それとも日本とレバノンでの汚職防止条約での合意?ゴーン氏のレバノン帰国, ゴーン被告逃亡:日本政府から派遣の義家法務副大臣がレバノン政府に協力要請;海外での報道, 米国大学教授「大学無しで学べるって教育環境として最高の時代」とネット学習時代を評する, O・J・シンプソン事件 刑事事件で無罪となり、民事裁判では何らかの責任があるとされた謎の事件, The Mystery of Nissan, Carlos Ghosn, and the Japanese legal system, 偽善の正義・デタラメ報道が大好きな朝日新聞の光と影(産経新聞や日経新聞、読売、毎日、各種系列テレビ局やNHKもアナル兄弟だけど), 劇的な脱出に成功したカルロス・ゴーン 海外ではどう伝え、どう見ているか: ゴーン日本から国外逃亡事件, 大学に行けない子どもたちを心配するより、大学に行かなくてもいつでも学べる環境整備の方がよっぽど大切, 屁理屈こいて情報操作で洗脳してまで生き残りを図る国家統制の手段としての洗脳機関=大学, 日産ゴーン会長逮捕と起訴裁判、東京地検特捜部(検察庁)に「重大な不正行為」あったと弘中弁護士裁判中止=公訴棄却要求, 日経新聞、毎日新聞、朝日新聞、産経新聞、その他日本各種マスゴミの「情報戦」に有効な反論を: ゴーン事件, 日本の新聞の「腐敗の象徴」日経新聞などの海外記事改ざん紹介 日本人を欺く日本の新聞社の実態, 日本の法律はやけに検察に有利な条項が多く、検察庁はその法の穴を使って弁護人たちを愚弄できる制度となっている, 検察庁が準司法機関と言い張る法曹含むカルト集団:その準~とかいう考え自体が、三権分立を瓦解させる要因と気が付かないのか?, 仕事で年がら年中嘘を書きまくって他人様をあげつらう詐欺産業日本国内マスコミの正体検証. それだけに、使い方によって広角的にも望遠的にも撮影できる50mm標準レンズが最適です。, 中古で玉数の多いニッコールレンズには50mm F1.4と50mm F1.8がありますが、あえておすすめするなら、F1.8のほうがより似合うといえるかもしれません。

.

エアリズム マイクロメッシュ レビュー 9, 施設 宛 御中 11, 妊娠報告 申し訳 ない 39, My Way 1 教科書 単語 12, マイクラ Pe 画面 暗くなる 8, ツムツム 毛のはねたツム 500個 9, メルペイ 後払い バンドルカード 25, Toeic 1週間 600点 4, 放送大学 医学部 学士編入 4, エルグランド E52 純正ナビ Hdmi 6, 自 撮り 全身 アイテム 4, Twitter いいね 伸びない 4, Arrows Tab Qh30 W 強制初期化 4, 首都大学東京 足切り 2019 5, Crown2 Lesson1 Exercise 58, 彼氏 好きで いて くれるか不安 5, アゲハ 蛹 湿度 15, あおり 補正 計算 4, Pubg パブリックテストサーバー Ps4 削除 17, タミヤ ペイントマーカー 成分 4, 急ブレーキ 赤ちゃん 首 6, 手芸 刺繍 簡単 7, Hikaru No Go Raw 6, ライク ワークス 給与明細 43, ブリヂストン ベガス 中古 5, ウタエット プロ 違い 5, Googleスライド フローチャート テンプレート 5, Nikon D5300 動画 4,