TAKAMINE ( 高峰 ) / PTU141C Natural, ローズウッドは、比較的他の木材よりも 臨機応変に音質を変えられるのは、タカミネの良い所ですね◎!, 押尾コータローさん、指弾きめっちゃ上手なので、 Copyright (C) 2015 - 2020 PLAN Co.,Ltd. という男気のあるあなたに、ギター歴30年の僕の経験から”エレアコとしての性能を追求しまくった良音ギター”を紹介します。, アコギの生音からかけ離れた音のエレアコが多い中、アンプから音を出しても本当に良い音のギターを作るメーカーが増えてきました。アンプの出音は諦める・・・もうそんな時代じゃないんですね^^, ギターの生音をそのままアンプ(スピーカー)から出したい!そんなギタリストのわがままを叶えるモデルに出会えるかもしれませんよ!?, ”生音をスピーカーから再現する”ことに関しては、エレアコは海外メーカーが優れています。日本のメーカーでもYAMAHAやTAKAMINEなどが優れたエレアコモデルを発売しています。しかし、生音に近い音がアンプから出るか??と言われると今一つですね。, MartinやGibsonと肩を並べる人気ブランドTaylor。Taylorの良さは、生音も非常にクリアで良く鳴ることでしょう。ギターは買ってから育てる物と言われてきましたが、Taylorギターは買ってすぐよく鳴ります。生鳴りの良さは、今回紹介する4機種のうちでもトップクラス。ハッキリした明るい印象のサウンドが特徴です。ポップスやロックには良く合うでしょうね。, 肝心のアンプからの出音ですが、Taylorはギターに仕込むマイクに特徴があります。EXPRESSION SYSTEMというTaylorが独自に開発したピックアップシステムが搭載されています。ギターの生音を極力アンプから出せるような研究がされ、一時期はこれ以上のエレアコは無いのではないかと思うほど、音の再現性に優れていました。現代ではTaylorギターのアンプサウンドを追い越すメーカーやピックアップが開発されてきていますので、アンプからの出音が1番良いか?と言われると1番では無いですね。(Taylorのエレガットの音の良さは、抜きん出ています), ギターのモデルは違いますが、生音(アンプを使わずに)だけの動画と、ピックアップ(アンプから)の音との比較動画です。Taylorギターはそもそも生音が素晴らしいことが良くわかりますね^^アンプからの音も素直な加工しやすい音という印象です。プリアンプ等で好みに加工すれば、ライブでも随分”使える”音に仕上がるでしょうね。, TyalorのピックアップシステムEXPRESSION SYSTEMにはES1とES2という2種類があります。この違いは音の拾い方です。ES1はギター内部に数か所仕込まれたマイクをMIXして出力するのに対し、ES2はサドル下にセットされたピックアップマイクで音を拾っています。現在はES2が主流ですが、ユーザーによってはES1の方が音がクリアだという方もいるようです。, ES2はサドル下で音を拾っている分、ES1より音の立ち上がりが早いというのが、一般的な評価ですね。現状はES1→ES2といった交換はできないようです。, Tyalorのモデルは型番の末尾に「E」が付いているものはエレアコ仕様になります。エントリーモデルの100シリーズや200シリーズにもEの付くエレアコ仕様のモデルはありますが、ESシステムの廉価版が付いています。音にこだわるのならばエントリーモデルはおすすめしません。300シリーズ以上がおすすめです。Taylorはボディサイズも豊富ですから、あなたにあったギターが見つかるでしょう!, ジャック・ジョンソンの使用で一気にメインストリームに躍り出た感のある新興ギターメーカーでしたが、すっかり人気が定着しましたね。コールクラークの売りは何といってもアンプからの出音の良さです。生音を犠牲にしている感はありますが、ギターが鳴り過ぎるとハウリングを起こしやすいので、その辺りは狙って作られているのかもしれませんね。個人的にはコールクラークの生音はお世辞にも良いとは言えないレベルだと感じています。その代わりアンプからの音は素晴らしいですね。弾き語りアーティストによく選ばれている理由がわかります。, コールクラークもピックアップシステムが独特で、良く研究されていると思います。サンプル音源を見てみましょう。, 生々しいサウンドですね。一瞬、生音なの!?と思ってしまいました。(撮影の都合上、カメラのマイクで生音を拾っているのかもしれませんが)コールクラークはヘッドのデザインもまたカッコいいんですよね~^^なんとなくメーカー本拠地のあるオーストラリアの雰囲気を感じます。, ピックアップシステムもモデルによって数種類あります。基本的には複数のピックアップマイクをブレンドして音を出します。ボディやネック付近、サドル下といった部分にピエゾピックアップという弦やボディの振動を音に変えるマイクが仕込まれ、アコギ本来の鳴りを極限まで再現します。モデルによってはプリアンプ部にコンデンサマイクが仕込まれているものもあり、より生音に近づくことができます。, コールクラークが日本で出回るようになった頃は、音の良さから弾き語リストからは羨望のまなざしで見られていました。ほとんどのモデルが20万円以上しますので、1本目のエレアコとしては選びにくいギターメーカーです。しかし、アンプからの出音の良さはトップクラスでしょう!, 昔はコールクラークの日本支社があって、モニターアーティストに採用されると少し安く買えたんですが、今は日本支社が見つからないですね。撤退しちゃったのかな?, マーチンはエレアコのイメージが無い方も多いようですね。しかし、ピックアップメーカーのFishmanとコラボしてから、良質なエレアコを出していますよ!マーチンギターの特徴は何と言っても「生鳴り」が素晴らしいこと。好みはありますが、アコギの王道であり基本となるサウンドです。一度は手に取ってみたいと思っているギタリストも多いことでしょう。, コンデンサマイクでの音とピックアップからの音の比較動画です。マーチンのエレアコはFishmanのAURA F1というシリーズが使われています。このギターのピックアップはサドル下のピエゾピックアップのみですね。サドル下のピエゾピックアップは音の立ち上がりは良いものの、音がプリプリした印象です。それを補うためのテクノロジーが入ったピックアップAURA F1+が付いています。AURAにはF1+、F1、F1 Analogという3種類のピックアップがあり、F1+とF1(つまりF1 Analog以外)はボディの鳴りをシミュレートする機能があります。この機能が優れモノで、音を劇的に良くします。, 友人のギタリストを家に招いたときに、このAURA F1の威力を実感しましたが、まさに脱帽物の音の良さでした。その彼はGPCPA1というモデルを使っていました。エントリーモデルにはAURAのF1 Analogが付いていることがあります。これは音のトーンとボリューム、位相反転、チューニングしか機能がありませんので注意が必要です。, メイトンギターも、コールクラーク同様オーストラリアのギターメーカーです。創業60年以上で、オーストラリアでは老舗ですね。メイトンといえば、アコギの神様トミー・エマニュエルご用達のギターとして名高いです。トミー=メイトンという感じです。アコギ界のトッププロに愛用されるポテンシャルがあるギターということですね。, プロに選ばれるほどだから相当高いんだろうな?と思いますか?確かに40万以上する高額モデルもありますが、20万円程度のモデルも多数あります。中古なら10数万で出回っていますね。, なかなか日本では出回らなかったメイトンギターですが、取り扱いは下記の2店舗が本数が多く、安心して購入できると思います。, まぁええ音ですわ(笑)心がざわつきますね!ギターリストの井草聖二先生の上手さも際立っております。ソロギターを演奏するギタリストに好まれるギターですが、近年では秦基博氏のモデルが発売されるなど、アコギの弾き語りアーティストも注目のギターメーカーです。ネックの薄さや、弦のテンションの低さはTaylorに並ぶ弾きやすさです。, メイトンギターもピックアップシステムの変革が幾度とありましたが、近年のモデルはAP5 PROというシステムにほぼ統一されたようです。このピックアップシステムの特徴はサドル下のピエゾピックアップ+ボディ内部のコンデンサマイクです。とくにコンデンサマイクはギターの音をマイクで拾う役割ですので、生音をそのまま再生することになります。音が良いわけですね^^, 通常、ギター内部にコンデンサ等のマイクを仕込むとハウリングが起き使い物にならないものですが、近年のLRBaggsしかり、マイクをギター内部に仕込むことに前向きになってきた感があります。ハウリングを抑える技術が進歩したんでしょうね。音楽に関わる進歩って本当に目覚ましいです。, コンデンサマイクで足りない帯域をピエゾピックアップの音とブレンドして出力することで、非常に生々しい、瑞々しいサウンドを再現できるんですね。, 専門のギターショップでなければ、なかなか実際に手に取って弾いてみることの難しいギターですが、わざわざこのギターを見に行く価値のあるサウンドです。コールクラークと違い、生音の方もずいぶん素晴らしい音だと感じます。音量はテイラーやマーチンのほうがある印象ですね。, 僕がおすすめする本気のエレアコを見ていただきました。音も本気なら金額も本気ですね^^;20万円以下で良い音のエレアコを手に入れようとするのは無理があるようです。。。まぁ中古市場を探すという手もありますので、どんなエレアコが一般的に人気があり、音が良いとされているのか知っておくと良いと思います。, ギターの世界は、金額は青天井ですから、目いっぱいの予算を組んだ方がよさそうですね。, 日本の大手メーカーのギターは、アコギの生音を再現するというよりは、いかにライブでトラブルなく、大きな音が出せるかに注力して作られている感があります。品質第一ということですね。モノづくりの素晴らしい姿勢だと思います。ただ、もう少し、生音指向も強めて行ってもらえると、次のギターを選ぶ時の候補に入るのになぁと思いますが。, 逆にルシアーもののギター(個人製作家)が作られている日本のギターは素晴らしいですよ!Ken Oya Guitar など、とくにソロギターをされる方によく選ばれているギターもありますしね^^, ギター製作の世界も技術は日進月歩ですので、すぐにまた新しいギターメーカーや、ピックアップシステムが出てくるんでしょうね。楽しみです♪, アンプ(スピーカー)から、アコギの生音に近い音を出すことに、歴代のギタリストはずいぶん苦労してきました。ギターゴッド:トミー・エマニュエル先生も、幾度となくマイクのシステムを変えてますからね。なかなかゴッドの耳を満足させるシステムは無いものと思われます。, しかしここにきて、ようやく”アコギらしい”音がアンプから出るようなエレアコがリリースされるようになってきたと感じています。, 僕は自身は、アコギに気に入ったピックアップを取り付けることでエレアコ化していますが、最初からスピーカーから音を出す前提で作られたギターでも活動してみたいですね。, 良い音には良いケーブルも重要ですよ~^^ 最近ではいろんな人が使用しているのを見かけるようになりましたね! 改めて感じさせられます。, これからエレアコをはじめたい方、ステージやバンドで目立ちたい方、 All Rights Reserved. ↑こちらはPTU121C FCBというモデルです!, 楽天↓ このプリアンプなら、初心者さんでも手軽に Taylor(テイラー)はギター造りにかなり凝っており、種類も非常に豊富なので情報量もかなり多くなってます。, そこで、Taylor(テイラー)のギターの中でもおすすめ製品を紹介する記事は別で分けました。, テイラー(Taylor) アコギ・エレアコ おすすめランキングベスト10を解説。音楽活動に使いやすいエレアコ多数!, 高級ギターには少ない、エレアコ・カッタウェイモデルを中心に販売しているTaylor(テイラー)。, 特にエレアコの品質には定評があり、ライブギターとして活用するミュージシャンは年々増えています。, 今ではMartin、Gibsonと並んで世界3大アコギメーカーの1つになっています。, 日本では元々はヤマハが国内正規代理店になっていましたが、現在は山野楽器に変わりました。, 2008年頃から日本でも取引される量が増えてきて、最近では邦楽アーティストの使用者も大分増えましたね。, 僕の知っている範囲だと、20代ではMartinやGibsonよりTaylorの使用者が多いです。, 次章からは人気の秘密に迫るべく、Taylor(テイラー)の特徴やギターの種類について解説していきます。, そのため、老舗で伝統を引き継いだ製品が中心のMartin、Gibsonとは異なり、新しい技術・素材・デザインを積極的に取り入れるところが特徴です。, ユーザーに人気が高いのも、どこの現場でも使いやすく、優れたデザイン性であるところが主な理由です。, 中にはTaylor(テイラー)以外で使ってるのを聞いたことがない木材も存在しますね。, Taylor(テイラー)のレギュラーモデルである数字3ケタシリーズでは、シリーズ毎に異なる木材を使用しています。, 昔からギターに良く使われている、ローズウッドやマホガニーは供給が年々厳しい状況もありますからね。, 他のメーカーよりも、いち早く代替材となるウォルナット、サペリ、オバンコールを活用していたりするので対応が早いです。, また、レギュラーモデル以外でも限定モデルで多種多様な木材を組み合わせたギターを多数販売しています。, なので、Taylor(テイラー)は木材にこだわりたい人にとって選択肢が多いメーカーでもあります。, その中でも「4(グランドオーディトリウム)」が最も主流。マーチンのOOOに近いけど、少し異なる形状になっています。, そして低音が程よく出て、粒立ちも良いサウンド。音量もしっかり出るので、プレイスタイル問わずに使えます。, 4(グランドオーディトリウム)が人気ではありますが、定番の0(ドレッドノート)であったり、小ぶりな2(グランドコンサート)なども人気があります。, 以前は日本だと4(グランドオーディトリウム)以外はあまり置いてる店がなかったのですが、最近は色んな種類が置いてあります。, 優れたデザイン性からかドラマや映画で使われるアコギって、かなりの確率でTaylor(テイラー)なんですよね。, 2019年に公開された映画「さよならくちびる」でも、主人公2人ともTaylor(テイラー)のギターを使っていました。, Taylor(テイラー)のギターってファッション問わずに似合うし、部屋に置いてもおしゃれ。, デザインの良いアコギって愛着沸くし、ライブや撮影などにはデザイン良いのを使いたくなるもんです。, Taylor(テイラー)のギターはネックジョイント部分の加工など、高精度が求められる部分はコンピューター制御による機械での加工処理を行っています。, さすがに楽器屋さんで長年売れ残ってるなどの外的要因での当たり外れはあるものの、いびつな接着などは僕の経験上では感じたことないです。, やっぱり、Gibsonは個体差を感じることが多いのでTaylorの安定感はすごいと思いますね。, テイラーのギターといえばネックが弾きやすく、調整しやすいことが売りでテイラーネックと呼ばれてます。, しかし、テイラーの場合はボルト接続で接着剤は使ってないので、経年劣化しづらいわけですね。, 通常は弦高調整するならサドルを削ったり、交換する必要がありますがテイラーならシムを入れる変えるだけで可能。, ただ、僕自身が10年以上テイラー使ってますけど、ギター工房持ってくと普通にサドル調整されててシムの恩恵を受けたことないです(苦笑)。, 本体内部でXブレーシングとは異なる振動パターンを作り出して、音量をキープしつつ高音のサスティーンを持続させる…というアイデアです。, そんなわけでドレッドノートのほかにスモールギターの存在価値もあるわけで両立できるギターがあれば理想的です。, 型番の後ろにV-Classと書かれたものがV-Classブレイシングで作られたギターです。, 試し弾きした所感ではそこまで差は感じられませんでしたが使い込むと違うのかもしれませんね。, Taylor(テイラー)ギターの初期出荷弦にはエリクサー HD LIGHTが採用されています。, HD LIGHTは1-3弦がMEDIUM寄り、4-6弦がLIGHTという異なる太さのパッケージをブレンドしたもので、エリクサーとTaylor(テイラー)の共同開発によって生まれました。, 当初はTaylor(テイラー)のロゴが入って発売されていましたが、現在ではエリクサーのレギュラーラインナップとして店頭に並んでいます。, 低音が出すぎないようにLIGHTゲージを張り、高音はパワーが出るようにMEDIUMゲージという組み合わせは各音域のバランスが良いTaylor(テイラー)ギターに適しています。, アコースティックギター弦 DRを解説し、おすすめのVTA-12とRPM-12をレビュー, 寿命が長いギター弦 Elixir(エリクサー)の種類とおすすめのポイントを解説する, その高品質なエレアコを支えるのが独自のピックアップ「ES(エクスプレッション・システム)」です。, また、エントリーモデルにはES-Bというピックアップが搭載されるようになりました。, 2002年までに製造されたTaylor(テイラー)ギターにはFISHMAN PREFIX STEREO BRENDERが搭載されています。, その代わり、値段も高く…、故障で交換すると工賃含めて7~8万円かかります(苦笑)。, 僕はこのピックアップがよくて、わざわざ2002年以前のTaylor(テイラー)ギターを探して買ったほどです。, ブレンド機能はA(マイク)、B(ピエゾ)で比率を変えられますがAに全振りすると、ほんとにマイクだけの音になります。, ライブ配信や弾き語りライブではマイクだけの音で演奏できるので、素晴らしい音質で大満足です。, 大人気デュアルピックアップであるL.R.Baggs Anthemでは完全にマイクのみにはできないので、特注FISHMAN製PUの強みです。, 2003年~2013年製造のTaylor(テイラー)ギターに搭載されているマグネットタイプのピックアップです。, また、打音も綺麗に拾ってくれるため押尾コータローさんのようなプレイスタイルのギタリストにも非常にウケが良いピックアップです。, ボディ上部に3つ(Volume/Treble/Bass)のコントローラーがついています。, プラスしてボディ内部に複数あるマグネットPUそれぞれのオン/オフするスイッチがあります。, 僕もエレアコを探し求めていた時に当初ES1と出会い、その音の自然さに感動したことを強く覚えています。, 結局、FISHMAN製PUに辿り着いてしまうのですが、ES1の品質も素晴らしいです。, 2014年以降に製造されたTaylor(テイラー)ギターに搭載されているピエゾ式のピックアップです。, 通常のインブリッジピエゾとは異なり、サドルの直下ではなく後方部に配置されています。, ピエゾも1つではなく3つ配置されており、ピエゾ臭い音を払拭する工夫が施されています。, コントローラーはES1と同じくボディ上部に3つ(Volume/Treble/Bass)ついており、プラスしてボディ内部にフェイズスイッチがついています。, ES2になって音質劣化した…と仰る方も多く、ピエゾ特有のコンプレッションは消しきれていません。, ES1と比べて音質は劣るものの、現場対応力がアップしたピックアップと言えるでしょう。, Taylor(テイラー)のエントリーモデルにはES-B(Expression System Baby)というピックアップが採用されています。, ややピエゾっぽい音ではありますが、後付け用の1~2万円で買えるピエゾピックアップよりは明らかにナチュラルな音質なので良いですね。, アメリカでは元々三心コンセントが主流でアースが取られているので大丈夫なのですが、日本で使用するとピックアップからノイズが発生します。, ただ、2008年以降は山野楽器が国内正規代理店となり、国内販売向けのTaylor(テイラー)ギターは標準で弦アース処理が施されるようになっています。, つまり、2003年~2007年製のTaylor(テイラー)ギター(ES1)と直接海外から買い付ける並行輸入品のみ注意が必要です。, なお、2003~2007年製のTaylor(テイラー)ギターであれば、山野楽器が無料で弦アース対応してくれます。, 僕が814ceを買った時代はまだ弦アース問題が知られていない時期でES1に感動したもののノイズ発生を解消できず…購入を断念した経緯がありました。, Taylor(テイラー)はかなりラインナップが豊富ですが、レギュラーモデルは下記のシリーズに分かれます。, なお、おすすめのTaylor(テイラー)アコギ・エレアコについては下記の記事で解説していますので参考にしてください。, 昔からのTaylor(テイラー)を支えるレギュラーモデル。数字3ケタシリーズです。, 型番が数字3ケタで構成されており、100シリーズから900シリーズまで存在します。, 基本的には3ケタ目が高くなるほど、グレードが上がるので900シリーズが最上位になります。, 初心者向けギターといっても、音質や演奏性は抜群でプロアーティストでも使用者がいる本格的なギターです。, なので、上手くなって本格的に音楽活動したい!と思ってギターを始める人にベストマッチなギターです。, ちなみにピックアップ有無での価格差は10,000円弱なのでピックアップ有りを選んだほうが良いです。, Taylor Academy (テイラー アカデミー)をレビュー。初心者に配慮されたアコギシリーズ, 通常モデル(サペリ)とマホガニーモデルは別売りでGS-MINI専用ピックアップ ES-GOが販売されています。, 小ぶりのギターが欲しいけど、ミニギターだと音が軽い…という人におすすめなサイズ感です。, メインギターとしてもよし、高級ギターのサブギターとして利便性を活かした使い回しをするもよし。, テイラースウィフトモデルはエレアコ仕様になっているので、使いみちにあわせて選択しましょう。, Baby Taylor(ベイビーテイラー)をレビュー。本格的な音楽活動に使えるミニギター, 高級木材であるハワイアンコアをトップ・サイド・バックに用いたシリーズがKoaシリーズ。, インタビューで「車が買える値段でビビった」と仰ってましたが、まあ…そうですよね(笑)。, ES2ピックアップが搭載されているので、エレガットが欲しい人には非常に魅力的です。, プロアーティストではジェイソン・ムラーズが昔から愛用しており、シグネイチャーモデルも存在します。, The Remedy(I Won’t Worry)/Jason Mraz(YouTube), アコースティックサウンドでソロを取る時もガットギターって良い音するから、僕もTaylorのエレガットが1本欲しいなとよく思います。, 他にも3メーカーともセッションで持ってこられる方が多いので、色んなギターを良く弾かせてもらってます。, 814ceとD-28はかき鳴らして歌うとギターの中高音域が大きくて、自分の声がやや聴こえ辛いです。, Taylorはネック幅自体は太いのですが厚さが薄くて、手にフィットする感じで非常に弾きやすいです。, 先ほどは814ceで比較しましたが、実際にJ-45やD-28と同価格帯で比較すると対象は414ceになります。, J-45はキャラクターが全然違うので比較しづらいですが、414ceとD-28を比べると生音は断然D-28の方が良いです。, ただ、エレアコとしてはES2ピックアップが良いので、414ceはかなり優秀で使いやすいです。, 生音もD-28に劣るだけで十分使える音なので、生音重視でなければ割り切っちゃって問題ないです。, ただ、エレアコとして使いやすいので買い替え時も売却せずにサブギターとして使う人が多そうですしね。, 簡単な質問をタップ(クリック)で答えていくだけで、あなたに最適な製品を提案するツール「弾き語りすとナビ」を作りました!, ランキングやおすすめ商品を読んでも、自分に合うものがどれかはなかなかわからないですよね。, 弾き語りすとナビは質問の回答に応じて最適な商品を提案するスタイルなので、あなたの好みに合わせたものがきっと見つかりますよ!, ギター弾き語りをこよなく愛する都内在住のミュージシャンがギター弾き語りを研究するブログ。 TAYLOR ( テイラー ) / 314ce. ブリッジの部分が6~3弦、2~1弦と分かれています。, こういう作りにすることによって プリアンプ内にある電気回路で加工して、 取扱店:渋谷店. 別々になっていることがほとんどですが、 ストローク時のコードの粒立ちと パラスティックピックアップ搭載のタカミネの特徴です!, タカミネのブリッジは、ダブルサドルといって、 今はもう使ってないのかもしれません。, ↑の私おススメの4番目にご紹介したシリーズと一緒ですね! VOLUME(主音量)では音の大きさを手元で変更できます。, CT-4DXでは、18Vの高電圧をかけることにより Takamine PTU121C GBB<タカミネ エレアコ>【RECOMMEND:三条本店STAGE】【商品番号 10000223 】【店頭受取対応商品】, ---------------------------------------------------------------------------------, ※画像は楽天さんから引用しました! ギターへの情熱とプレイヤー目線のギター作りが好評な人気ブランドのテイラー(Taylor)。高価なギターですが、それに見合ったハイクオリティな完成度で人気を獲得しています。そんな人気ブランドであるテイラー(Taylor)のギターについて紹介していきます。, 名実共にトップブランドへと成長した今人気のギターブランドであるテイラー(Taylor)は、ギターブランドの歴史としては比較的浅く、1974年にアメリカのカルフォルニア州で誕生。他のギターブランドと比べると新しいブランドですが、本国での人気は最高潮であり、マーチン(Martin)やギブソン(Gibson)と並び人気3大ギターブランドとして知られています。, 2003年には独自開発した次世代のピックアップシステムであるExpression Systemによって、テイラー(Taylor)のギターは大音量や激しい演奏でも生音のニュアンスを失う事無く、アンプに繋いでも一切歪まないギターサウンドを生み出せると人気を獲得しました。ギタープレイヤー達が"使える"ギターを生み出す心意気が原動力のブランドなのです。, テイラー(Taylor)のギターが持つ最大の魅力は生のギター音にあると言えます。このギターブランドの社長が掲げる「今作ろうとしているギターは1年前より良い物か?」という自問ともいえるギター作りの基本に忠実な熱意に溢れるコンセプトが素晴らしく、様々な面で革新性を感じる事の出来る所がテイラー(Taylor)のギターの持つ魅力と言えます。, 他のブランドには無い圧倒的なメンテナンスのし易さと、耐久性を重視したギターの作り、あえてボルトオンネックにしたギターや、NTネックシステム(ニューテクノロジーネック)による0.1mmから弦高やネックの角度を微調整できる機能を搭載したギターなど。, とにかく、現場でギターを使用する事を徹底的に追及した作りがブランドの人気を勝ち取り、生音へのコダワリを含めてギターの中級者や上級者から非常に高い支持を獲得しています。, リーズナブルな価格と卓越した高品質で、どこの楽器屋も初心者にお勧めする300シリーズ。なかでもテイラー(Taylor)の314CEは扱い易いギターをエレアコ仕様にした人気のモデル。, ヘッドジョイントには、ネック折れのしにくいスカーフジョイント仕様になっていて、フレット部分の加工も他のギターとは別格の素材の良さが感じられる絶品ギターです。, テイラー(Taylor)のギターには独特のモデルナンバー表記が用いられます。例えば【314CE-ES】と言うモデルがあったとしましょう。, 1行目の『3』は以下で説明するテイラー(Taylor)ギターのシリーズごとの品番です。2行目の『1』は6弦か12弦かを意味していて"1"は6弦、"5"は12弦のギターを意味します。3行目の『4』はナンバーごとのギターのシェイプの形を表しています。, 【テイラー(Taylor)】の人気ギター"300シリーズ"の特徴4行目の『C』はカッタウェイ(Cuta Way)モデルの意味で、ギターのツノを表しています。5行目の『E』はPU付きのエレクトロニクス(Electronics)つまりエレアコである事を表します。末尾の『ES』はギターの中でも最新のExpression Systemを搭載したモデルに付きます。, テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『3』なら300シリーズです。同ブランドの中でも、リーズナブルかつ明るく抜けの良いマホガニー材を使用する事で、テイラー(Taylor)の魅力を手軽に味わえる初心者にもおすすめのギターシリーズです。, テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『4』なら400シリーズです。ローズウッドに近いオヴァンコール材を使用し、深みのある中低音とハリのある高音を出し、高級ギターにも劣らない性能を低価格で実現したテイラー(Taylor)の人気ギターです。, テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『5』なら500シリーズです。バランスの取れたサウンドと、フィンガーピッカーも納得の生音感が魅力的なギターで、テイラー(Taylor)のシリーズの中でも最も代表的かつ人気の高い一級品です。, テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『6』なら600シリーズです。ステージでも映える美しいフレイムメイプルに、パンチの効いた音色が特徴のモデルで、プロにも愛用者の多いテイラー(Taylor)の高級シリーズの人気ギターです。, テイラー(Taylor)ギターに付けられるモデル名の頭文字が『8』なら800シリーズです。シトカ・スプールスにインディアン・ローズウッドを組み合わせた大人気ギターであり、コダワリ派の人をも唸らす幅広いジャンルに対応可能なテイラー(Taylor)の名作ギターです。, このページは、ピントルのギター専門ページです。ギターの種類や特徴などを詳しく解説すると共に、おすすめランキングや選び方などについても紹介していますので、ギターについて詳しく知りたい方は必見です。.

.

契約書 複写 カーボン, エブリィワゴン ハイルーフ キャリア, 夏祭り 出店 簡単, レストラン ボード 以前 ログイン した アカウント の 未 送信データが あります, プロポーズ デザート メッセージ, 阪神 住吉 時刻表, 5リットル ゴミ袋 黒, 神楽 ラーメン 名古屋, パナソニック 電話 転送解除, 祝日 祭日 一覧, イラストレーター 将来 不安, エクセル Filter関数 ない, 模写 絵画 おすすめ, サーカスtc Dx フロントフラップ, 既定のプログラム 解除 Windows8, 岩国空港 飛行機 運航状況, メルカリ クローム ログイン, Ocnメール Iphone 送信できない, 東芝 お掃除エアコン 分解, ロムアンド アイシャドウ ドライマンゴー, 冷凍なす 豚肉 レシピ, 花屋 ブーケ 頼み方, 結婚式 乾杯 曲, 秋葉原 レンタルスペース 上映会, 2年生 漢字 プリント 東京書籍, コナン ランナー キッド, Iphoneだけ Wifi 繋がらない, 5 角形タープ 張り方,