ボディメイクに不可欠なプロテイン。中でもソイプロテインは腹持ちが良くダイエットにおすすめです。今回はタイプ別におすすめソイプロテインと選び方のポイントを紹介します。注目すべき栄養素や飲むタイミングも知って、理想の体に近づきましょう! ダイエットの為、筋トレの為、様々な理由でソイプロテインを利用している人は多いですよね。, 食事や水分補給のついでに摂取でき、実際にしっかり効果も見られるので、続けるのも楽にできます。, これから、ソイプロテインを選ぶ際のポイントと、実際におすすめするソイプロテインについて詳しくご紹介していきたいと思います。, ソイプロテインはそこまで安価というわけではない上に、飲み続けることで効果も見られ続けるので、きっちり自分に合ったものを選ぶことが大切です。, その為には事前にしっかり選ぶ際のポイントを確認し、そのポイントをおさえた上であなたに合ったソイプロテインを選んで下さいね。, たんぱく質目当てで選ぶ場合が多いと思いますので、たんぱく質の含有率がどの程度のものなのかは、しっかりチェックする必要があります。, 栄養素の中には、組み合わせて摂取することで相乗的に効果を発揮してくれる栄養素もあります。, 詳しい栄養素の知識があれば、そういった部分にもこだわって、あなたが最も欲する成分比率のソイプロテインを選べると良いですね。, その苦味を消す為に、様々なフレーバーがありますよね。ヨーグルト味やココア味、コーヒー味などなど…。, 1つの味を飲み続けると飽きてしまうのであれば、いくつかのフレーバーを購入し、日替わりで気分のフレーバーを試してみても良いかもしれません。, しかしその分、値段も高い為、効果と値段の釣り合った、コスパの良いソイプロテインを選ぶことが大切です。, 好みの味ではないけれど、効果が気になるから購入してみた…では、飲み続けられないかもしれず、そうしたらもったいないです。, どこかで多少の妥協は確かに必要かもしれませんが、できる限りあなたの希望に合ったものを選び、その中でも価格の安いものを選べると良いでしょう。, トレーニングをしていると失われがちなビタミン11種類と、カルシウム、マグネシウム、鉄の3種類のミネラル、そして食物繊維が配合されたソイプロテインです。, しっかり筋肉をつけるとともに、引き締まった体を目指す、体作りと健康面のバランスを整えることのできるソイプロテインですよ。, イギリス発祥のスポーツアイテムブランドである“マイプロテイン”から発売されているソイプロテインです。, 炭水化物と資質を最大限カットし、たんぱく質の含有率はなんと、90%を超えているという驚異のソイプロテイン。, フレーバーの種類も豊富で、ストロベリークリーム、チョコレートスムーズ、バニラ、抹茶、ノンフレーバーの5種類です。, いくつかのフレーバーを購入して違う味を日々味わったら、楽しみが増えること間違いありません。, 運動後の摂取で、減量の際に不足しがちな栄養をしっかり摂取させてくれるソイプロテイン。, 1日2回、42gの摂取だけで、アスリートに必要とされている11種類のビタミンと、汗で失われがちなカルシウム、鉄、マグネシウムをしっかり補給することができますよ。, 1回20gあたり、たんぱく質含有量が16.8%としっかり含まれており、腹持ちの良いソイプロテインです。, また、たんぱく質原料として、ホエイプロテインを100%使用している為、消化と吸収がとても速いところも嬉しいポイントです。, フレーバーの種類も豊富かつ面白いものが多く、イチゴミルク、ココアミルク、チョコレート、チーズケーキ、チョコバナナ、ヨーグルト、カフェラテ、ミルク、トロピカルフルーツ、プレーン、キャラメル、黒ゴマラテ、黒糖ラテ、ミルクティー、ほうじ茶ラテ、出雲抹茶ラテ、レモンヨーグルト、ミックスベリー、フルーツミックスといったフレーバーになっています。, プレーン味ですが、他のソイプロテインと比べて大豆臭さが抑えられているので、気にならずに飲むことができます。, 甘味料、保存料、着色料、香料などを一切使用しておらず、無添加で高品質のソイプロテインになっています。, 体内では作ることのできない、筋肉がつきやすい体環境を整えてくれる必須アミノ酸と呼ばれる成分が配合されています。, 水だけでもさらりと飲むことができますが、どうしても飲みづらい場合は、ジュースやココアで割って飲むなどあなたの好みでアレンジすれば飲むことができますよ。, たんぱく質含有率は50%と低めなものの、植物由来の大豆たんぱく質を100%使用しており、高たんぱくで低脂肪のソイプロテインです。, カルシウムなどのミネラルや、ビタミンが多く配合されているので、補助食品の1つとして摂取するのもおすすめ。, 大豆由来のたんぱく質、HMBカルシウム、ビタミンなど、全部で23種類もの成分が配合されているソイプロテインです。, 筋トレや運動などのスポーツ後に摂取するのがおすすめですが、満腹状態を続けてくれるという意味でダイエットにもしっかり効果を発揮してくれますよ。, おすすめソイプロテインについて紹介していきました。どれも人気の種類なので、気になったものがあればぜひ手にとってみてください。, 体を鍛えるためにも、健康人になるためにも、プロテインはとても大事なグッズです。手っ取り早く栄養を補給できることが大きな魅力なんです。, また、味もホエイタイプよりも美味しく飲みやすい種類が多いことも特徴!プロテイン初心者は、ぜひソイプロテインから初めてみてはいかがでしょうか。. Copyright © 2015-2020 Smartlog. プロテインにはソイプロテインのほかに、ホエイ、カゼインなどといった複数の種類があります。プロテインという名前を冠していますが、期待できる効果や使い方が異なるのでそれぞれの特徴を覚えておきましょう。, 【最新版】グラノーラの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。グラノーラの特徴や選び方から価格情報や商品情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのグラノーラをランキング形式でご紹介。, 【最新版】クレアチンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。クレアチンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのクレアチンをランキング形式でご紹介。, 【最新版】グルタミンの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。グルタミンの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのグルタミンをランキング形式でご紹介。, 【最新版】カゼインプロテインの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。カゼインプロテインの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのカゼインプロテインをランキング形式でご紹介。, 【最新版】海外製プロテインの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。海外製プロテインの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの海外製プロテインをランキング形式でご紹介。, 【最新版】EAAサプリメントの人気11アイテムのおすすめ比較ランキング。EAAサプリメントの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのEAAサプリメントをランキング形式でご紹介。, 【最新版】ミニルーターの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ミニルーターの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのWi-Fiルーターをランキング形式でご紹介。, 【最新版】アトリエシリーズの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。アトリエシリーズの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのアトリエシリーズをランキング形式でご紹介。, 【最新版】信長の野望の人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。信長の野望の特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめの信長の野望をランキング形式でご紹介。, 【最新版】インクラインベンチの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。インクラインベンチの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのインクラインベンチをランキング形式でご紹介。, 【最新版】ソイプロテインの人気10アイテムのおすすめ比較ランキング。ソイプロテインの特徴や選び方から価格情報やスペック情報、クチコミやレビューまで徹底比較。最後に編集部おすすめのソイプロテインをランキング形式でご紹介。, ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】700g, 明治 ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティ ソイプロテイン+コラーゲン ミルクティー風味 【50食分】700g, タンパク質の吸収をサポートするビタミンやミネラルを配合!余分なものを排除し品質も高い. 海外製プロテインを購入する際は、配合成分に注意しましょう。 大豆を使った「ソイプロテイン」。ホエイプロテインなど他のプロテインとは違うメリット・デメリットがあります。ソイプロテインの特徴とおすすめのソイプロテイン商品をランキング形式で紹介しま … マイプロテイン impactホエイプロテイン. プロテインは、たんぱく質を効率良く摂取するためのフィットネスサプリメントです。たんぱく質は筋肉を成長させるために必要な栄養分であり、不足しがちな日々の栄養として補うこともできます。ホエイ、カゼインなど種類が様々あり、フレーバーもストロべリー味や、バニラ味、クッキーアンドクリーム味など、女性にも飲みやすい商品も多いです。水や牛乳などの飲み物に溶かして飲むの粉末タイプが多いですが、固形やゼリーといったタイプもあります。今回は海外製プロテインの選び方と、マイプロテイン、コンバット、ゴールドスタンダードや、大容量タイプなどのおすすめを紹介します。, ホエイプロテインは牛乳を原料につくられた商品です。さっぱりとした味わいで、飲みやすいのが特徴です。体内にすばやく吸収されるので、胃腸がもたれにくいメリットもあります。トレーニングの前後はもちろん、運動中に摂取するのもおすすめです。たんぱく質をすばやく補給できるため、トレーニング中のエネルギー源や筋肉の疲労回復に役立ちます。, カゼインプロテインもホエイプロテインと同様に、牛乳が原料のプロテインです。ただし、脂肪分と乳清(ホエイ)は除去されています。ホエイプロテインは体内へすばやくたんぱく質が吸収されますが、カゼインプロテインはゆっくり時間をかけて吸収されるのが特徴です。体内でたんぱく質がゆっくりとエネルギーに変わるので、寝る前などに飲用して、日々の筋肉のケアに役立てることができます。消化が遅い分、腹持ちが良いメリットもあります。, ソイプロテインは文字通り、大豆が原料のプロテインです。カゼインプロテインと同様に、たんぱく質がゆっくりと体内に吸収されるのが特徴です。そのため、効果的な筋肉のケアには、就寝前の飲用をおすすめします。また、植物由来のプロテインであるため、カロリーが低いメリットもあります。加えて腹持ちが良いので、ダイエットを意識している方にもおすすめです。, プロテインはメーカーや商品により、含まれるたんぱく質の量が異なります。一般的に、1食あたりのプロテイン含有量は、国内産よりも海外製の方が多く、25~30gなどの商品もあります。海外製プロテインは、特に筋肥大を目指す方におすすめです。, 海外製プロテインを購入する際は、配合成分に注意しましょう。アレルギーや病気を引き起こす原因物質の1つと考えられているため、小麦由来のグルテンが含まれていないものがおすすめです。また、腸内環境悪化の原因と考えられ、健康への影響が懸念されている、人工甘味料が配合されていないものを選びましょう。, プロテインの多くは、バニラ、チョコレート、ストロベリー、バナナといったフレーバーの数種類ですが、海外製の場合、50種類以上をラインナップしたブランドもあり、バラエティ豊かな味が楽しめます。クッキーアンドクリーム、ピーナッツバター、チョコレートブラウニーなど、国産プロテインではあまり見かけないフレーバーもあり、飽きずに飲めるでしょう。ただし、海外製プロテインは基本的に甘味の強い商品が多いので、最初から大容量タイプにせず、少量から試すことをおすすめします。, 必須アミノ酸のBCAAおよびEAAが同時に摂取できるアメリカ製のホエイプロテインです。EAAには筋肉の増強のほか、疲労回復の効果が期待でき、効率のよい筋力トレーニングに役立てることができまます。, 厳しい検査をクリアし、高い品質基準を誇るイギリス製のホエイプロテインです。牛乳から精製した天然由来のたんぱく質を摂取できます。限定のミルクティーのほか、ブルーベリー、シナモンロール、コーヒーカラメル、ティラミスなど50種類以上のフレーバーがあります。必須アミノ酸のBCAA、グルタミン酸なども一緒に摂取できるのがうれしいポイントです。, 全米で人気No.1のプロテインブランドである「ゴールドスタンダード」のカゼインプロテインです。1回量にタンパク質が24gも含まれており、効率的に摂取できます。また、ゴールドスタンダードのプロテインはフレーバーが甘めなのが特徴です。フレーバーは「クッキーズ&クリーム」の他、全15種類と豊富なラインナップがあります。ダイエット中のスイーツ代わりの間食としてもおすすめです。, パウダータイプのソイプロテインです。遺伝子組み替え大豆は使われていません。タンパク質の含有率が90%なので、少ない量で効率良く摂取できます。また、成分は植物由来なので、ベジタリアンやビーガンの方でも安心してタンパク質を摂取できる商品です。砂糖不使用で、脂質や炭水化物も抑えられているため、血糖値の上昇が気になる方にもおすすめです。, 人工着色料やグルテンなどが含まれていない、アメリカ製のホエイプロテインです。1食あたり25gのプロテインを摂取できます。低脂肪で体に吸収されやすく、トレーニング中のハイパフォーマンスのサポートや、トレーニング後の筋肉疲労の回復などに役立ちます。クッキーアンドクリーム以外のフレーバーもあるので、好みの味を見つけやすいです。, 吸収の良いホエイプロテインのみを使用しています。無駄のない筋肉をキープしたり、トレーニング後のリカバリーやパフォーマンスを求めるアスリートにおすすめのプロテインパウダーです。添付スプーン1杯分で25gのタンパク質が補給可能です。さらに脂肪分も低く、充填剤やグルテンなど望ましくない成分は一切入っていません。さらに、すべての製造バッチにおいて、WADA(世界アンチドーピング機関)が指定する禁止成分(banned substances)が入っていないことを検査し確認しています。, 粉末のプロテイン場合は一旦水に溶くなどして手間を必要としますが、固形タイプのプロテインバーならすぐに摂取することができます。たんぱく質の摂取タイミングを逃すことなく、場所を選ばず食べられるプロテインバーの選び方や、おすすめ商品を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。, プロテインバーはバータイプの栄養補助食品で、手軽にたんぱく質やビタミンなどの栄養素を摂取することができます。味や種類が豊富なので、ほしい栄養素や好みに合わせて選ぶことができます。太るのが気になる方は、低脂質タイプや腹持ちの良いグラノーラ…. おすすめソイプロテインについて紹介していきました。 どれも人気の種類なので、気になったものがあればぜひ手にとってみてください。 体を鍛えるためにも、健康人になるためにも、プロテインはとても大事なグッズです。 ダイエットや美肌、バストアップを意識する方におすすめのソイプロテインは、女性を中心に人気を集めています。ソイプロテインは満腹感があるため置き換えにも便利。低カロリーで太りにくいプロテインです。今回は、ソイプロテインの選び方や人気おすすめランキングを紹介します。 Amazonなどの通販で簡単に入手できる海外製プロテインは筋肉増強に効果的な成分を多く含み、コスパも良いのが魅力。また、日本製品にはないような珍しくて美味しい味も人気です。ここでは、海外製のホエイ・カゼイン・ソイプロテインのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します! 筋肉づくりやダイエットにも効果が高いとされている『ソイプロテイン』。日本だけでなく海外からも多くの商品が販売されています。あまりにも多くの商品が展開されているので、どれを選ぶのが良いのか分からない方も多いはず。, そこで今回は『ソイプロテイン』とはどういったものでどんな特徴があるのかを紹介していきます。併せておすすめランキングも掲載しますので、肉体改造やダイエットを計画中の方はぜひ参考にしてください。, ソイプロテインは大豆を原料とした植物由来のプロテインです。ソイプロテインは消化・吸収スピードが比較的緩やかという特徴があります。なので腹持ちがよくなるというメリットも。, ソイプロテインは植物性のタンパク質なので、動物性タンパク質よりもカロリーが低くなっています。体に良い効果をもたらしてくれるイソフラボンも多く含んでおり、ダイエットや健康を考えている方に好まれているプロテインです。, ソイプロテインは、満腹感が長続きしやすいという特徴があります。他のプロテインに比べてカロリーが控えめで、間食を減らすことができるのがメリットです。, ソイプロテインは大豆を主原料としており、イソフラボンが含まれているのが特徴です。イソフラボンには肌の張りや血流、骨の強化など体に良い効果をもたらしてくれます。イソフラボンがメインではありませんが、普段摂取しない方なら美容効果を実感できるでしょう。, ソイプロテインは消化・吸収スピードが緩やかなため、血中のアミノ酸濃度を一定に保ちやすい効果があります。アミノ酸の供給が持続すると筋肉がつきやすくなるので、筋肉づくりにもピッタリです。, 筋肥大に期待するならホエイプロテインのほうが効果的ですが、ソイプロテインに効果がないわけではありません。実際に有名ボディビルダーの中には、ソイプロテインで体を仕上げたという人もいます。ソイプロテインには即効性はありませんが、バランスよく食事やトレーニングをすれば筋肥大効果を実感できるでしょう。, プロテインを摂取するとお腹を下してしまう人もいます。ソイプロテインは植物性のタンパク質なので、動物性タンパク質よりもお腹を下す可能性が減ります。お腹が弱い方はソイプロテインの使用がおすすめです。, ソイプロテインは水に溶けにくいのがデメリットです。しっかりと溶かしきらないと粉っぽくなってしまい、飲みにくくなります。初めにぬるま湯で溶かす、シェイカーを使うなど工夫しながら作るのがおすすめです。, ソイプロテインは消化・吸収に時間がかかるのが特徴です。体調不良の時などに摂取すると負担になってしまうこともあります。なので体調の良い時に摂取するようにしてください。, プロテインを摂取するうえで重要な味。ソイプロテインには独特の風味・苦みがあり、苦手という人も少なからずいます。特にプレーンタイプはカロリーが控えめですが、飲みにくく継続しにくいという声も。味付きのソイプロテインも候補に入れてみましょう。, ソイプロテインは吸収がゆっくりなので、寝る前の摂取が効果的です。寝る前に摂取すれば寝ている間にタンパク質を枯渇させることなく、筋肉の修復をサポートしてくれます。また腹持ちの良さという特徴を利用して、朝起きてすぐや間食の置き換えも効果的な摂取方法です。, ソイプロテインを購入するうえで一番重要なポイントがタンパク質の含有量です。筋肥大やダイエット、栄養補給のどれを目的としていてもタンパク質含有量が重要になってきます。, 目安となる含有量は80%以上が理想です。タンパク質が多く配合されていると、その分余計な脂質やカロリーも少なくなります。商品によってタンパク質の含有量はさまざまなので、多く含まれているものを選ぶようにしましょう。, ダイエット目的なら『脂質』が低いものがおすすめですが、継続できなければ意味がありません。摂取しすぎは良くありませんが1杯あたり1.5g程度なら太る原因にもなりにくいので、これを目安に選んでみましょう。, 筋肉をつけるのに必須な『炭水化物』。ダイエット目的でソイプロテインを摂ろうと考えている時は炭水化物少なめなものを選ぶのがおすすめです。食事で炭水化物をしっかりとっている人は太ることもあるので注意が必要。, ソイプロテインを飲んでいるのに筋肉がつかないという人は、炭水化物が少ないということが考えられます。購入する際は体重1kgあたり1~1.2g程度を目安に選びましょう。, タンパク質の吸収や筋肉をつけやすくしてくれる成分の『BCAA』。筋肉づくりや疲労回復を重視している方に重要な栄養素です。1杯あたりどれくらい含まれているかをチェックしておきましょう。, タンパク質の吸収や筋肉をつきやすくしてくれる成分の『グルタミン』。グルタミンには、筋肉の分解を抑える効果もあるといわれています。効率よく筋肉をつけたい方には必須の成分なので、しっかりとチェックしておきましょう。, 『アミノ酸スコア』とは、必須アミノ酸の含有量を評価したもののことを指します。必須アミノ酸は体内で合成できないアミノ酸8~9種類のことです。100に近いほど良質なタンパク質を含有しているということになります。, 良質なたんぱく質を摂取していきたいときは、このアミノ酸スコアにも注目してみましょう。, 筋肉増量に適したプロテインは他にもありますが、ソイプロテインでも筋肉をつけることができます。ソイプロテインはゆっくり消化・吸収されていくので、摂取するタイミングが重要です。, ソイプロテインを摂取しているのに筋肉のつきが悪いという人は、食事を見直してみるのがおすすめ。炭水化物をあまり摂取していないと筋肉増量が見込めないため、意識して摂るか多めに配合されたプロテインを選びましょう。, ソイプロテインはダイエット効果にも優れています。大豆から作られているプロテインなので、食物繊維が豊富で毎日のお通じにも効果的。腹持ちが良く満腹感が持続しやすいという特徴もあるため、間食が少なくなります。, 動物性タンパク質のプロテインに比べてカロリーも控えめなので、ダイエット目的にプロテインを導入するならソイプロテインがおすすめです。, ソイプロテインには人の皮膚や骨を強化してくれるイソフラボンが含まれています。イソフラボンは大豆の0.2~0.3%しか含まれておらず、大豆製品を意識して食べないと摂取しずらい栄養素です。, ソイプロテインはイソフラボンに特化した物ではありませんが、少量ながら摂取することはできます。普段大豆製品をあまり摂らない人も、イソフラボンを体内に取り入れられるので、ぜひチェックしてみてください。, ソイプロテインを継続して摂取するなら味が重要になってきます。登場当初に比べて改良が進み飲みやすくなりましたが、粉っぽい、おいしくないなど商品によって評価はさまざまです。, ソイプロテインは毎日継続して摂取することで効果を発揮するものなので、味が口に合わないのは問題です。購入する前に商品の口コミを参考にしましょう。参考にした後は少量タイプのものを購入し、自分に合うか試してから大量購入に進むのがおすすめです。, プロテインというとパウダーを水などに溶かして飲むのが一般的です。しかし携帯しやすいバーやタブレット、ドリンクタイプのものも増えてきました。, この中で摂取しやすいものはタブレットタイプです。タブレットタイプなら飲み物さえあれば、どこでも気軽に摂取できるので毎日でも続けやすいのが魅力。クセが強いといわれているパウダーを溶かしたものに比べて、味も気にならないためおすすめです。, 毎日継続するとなると気になってくるのが費用です。ソイプロテインにはパウダーやタブレット、ドリンクタイプなどさまざまな商品があります。この中で最もコスパが良いのはパウダータイプです。, タブレットは飲みやすさは格段に良いですが、内容量と摂取量のバランスが見合っていません。同じ量のタンパク質を摂取しようとすると高額になるので、コスパを重視している方はパウダータイプを選ぶのがおすすめです。, スポーツ栄養学に基づいて開発を進められてきたプロテイン・SAVASで有名な『明治』。30年以上の実績や活躍するアスリート意見などが活かされたプロテインを開発・販売しています。明治からはパウダータイプとドリンクタイプが展開中です。, 日本で初めてスポーツ用プロテインを発売した『Kentai』。その後も研究・開発を進め、スポーツサプリメントのパイオニアとして数多くの商品を販売してきました。Kentaiのプロテインはタンパク質含有量が多く、余分な成分を可能な限り排除しています。筋肉増量やダイエットなど、どの目的でも使いやすいメーカーです。, プロテインを中心としたサプリメントの製造・販売を行っている『アルプロン』。アルプロンが製造するソイプロテインは、砂糖や保存料、増粘剤を一切使用していないのが特徴です。またアミノ酸スコアも最高得点の100をマークしているので、良質なタンパク質を摂取したいときに利用したいメーカーです。, ウェリナのソイプロテインはタンパク質以外の成分も、植物由来原料のみを使って作られています。さらにビタミンEやB1、葉酸、カリウムなどたくさんの栄養素も含まれているので、健康的な効果を得るのにぴったりです。, ソイプロテインというと溶けにくさや飲みにくさがデメリットとして挙げられますが、黒蜜きなこ味はどちらも良い評価が多く寄せられています。ただ少し甘みが強いため、甘いものが苦手な人には向かないかもしれません。, アサヒグループ食品から販売されているディアナチュラ ソイプロテインは、23種類もの栄養素をまとめて摂取できるプロテインです。厳選した原材料を使用し、無着色・保存料無添加にこだわって作っており、品質に信頼が持てます。, ソイミルク味はその名の通り豆乳のような味わいで、「クセが少なく飲みやすい」と評判です。作る際はシェーカーを使うと溶け残りが少なくなります。タンパク質以外の栄養素も摂取したい方は候補に入れてみましょう。, Kentaiの100%SOYパワープロテインタブはタブレットタイプのソイプロテインです。プロテインは作るのが面倒くさいと感じてしまいますが、タブレットタイプなので水さえあればサッと飲めるのが魅力。, タンパク質含有量は75%と少し低い値です。しかし9種の必須アミノ酸に加え11種類のビタミン、ミネラルも配合されており、サプリメントのような使い方もできます。人工甘味料や香料、着色料などは一切使用していないので、材料が気になる人でも安心です。, 明治のザバス シェイプ&ビューティは女性にうれしい成分が配合されたソイプロテインです。タンパク質含有量は54.5%とかなり低い値で、筋肉増量よりも健康維持を目的とする人におすすめ。, ソイプロテインは美容効果に期待できるもので、この商品はさらにフィッシュコラーゲンを配合することでその効果を高めています。水で溶かすと飲みにくいという方は、牛乳で割ると飲みやすくなるので試してみてください。, 明治のザバス ウェイトダウンはダイエットを目的としている時に摂取したいプロテインです。このプロテインはダイエットやトレーニング時に不足しがちな栄養素を含んでいるので、負担をかけることなく体を動かせます。, これを飲んだら痩せられるというわけではありませんが、実際に使用した方からは「痩せられた」という口コミが目立っていました。味はソイプロテインの割にはおいしく飲めると好評です。毎日続けられる物をお探しの方は候補に入れてみてください。, バルクスポーツのソイプロはタンパク質含有量が90%と高水準をマークしているプロテインです。トレーニング時には欠かせない成分であるアルギニンやグルタミンを、ホエイプロテインよりも多く含んでいます。, 非遺伝子組み換えの大豆を使用し香料、甘味料、増量剤を一切使用していないので、原材料が気になる方でも安心。ノンフレーバータイプは味のクセが強いため、水以外で割るとおいしく飲めるようになります。, ボディウィングの大豆プロテインはタンパク質含有量80%以上のプロテインです。砂糖や人工甘味料などの糖類を一切使用していないので、低カロリーなのが特徴。また保存料や着色料、香料も使用していません。, 溶けにくいと言われるソイプロテインの中で、この商品は比較的溶けやすく飲みやすいと高評価が寄せられています。余計な味が全くないので、自分好みにアレンジして好みの味を探してみるのもおすすめです。, 明治のザバス ソイプロテイン100はタンパク質含有量75%のプロテインです。体づくりや体調維持に欠かせないビタミンB群7種類に加え、ビタミンCの不足分を補えるように設計されています。, 水に溶けやすいためシェーカーを利用しなくても楽に作れるのが魅力です。甘みも感じられるので飲みやすく、間食の置き換えにもなります。ココア味がお好きな方なら候補に入れたいプロテインです。, Kentaiのパワープロテイン プロフェッショナルタイプはタンパク質含有量87.1%のプロテインです。重要な栄養素であるビタミンやミネラルも配合されており、効率よくタンパク質が吸収されます。, 糖類ゼロ、香料不使用のため、余計なものが一切入っていないのも魅力です。プレーンタイプの割に味も悪くなく水にも溶けやすいので、摂取しやすいプロテインをお探しの方におすすめ。, 明治のザバス ウェイトダウン チョコレート風味はタンパク質含有量84.5%のプロテインです。11種のビタミン、3種のミネラルに加え、脂肪抑制や分解促進に効果のあるガルシニアエキスが配合されています。, 水に溶けやすく味もおいしいため、「毎日でも続けやすい」と好評です。少し甘みが強いので、甘さが苦手な人には向かないかもしれません。筋肉をつけつつ減量もしたい方におすすめのプロテインです。, 今回はソイプロテインの特徴や選び方、おすすめ商品を紹介しました。ソイプロテインは大豆を原料としたプロテインで、イソフラボンの摂取もできるので美容効果にも期待できます。

.

中3 理科 力 問題 4, Gas Vba 連携 4, デリー 治安 2019 30, 液タブ ミラーリング Windows10 10, 公営 団地 風呂 寒い 4, スタンド アローン 小山薫堂 17, パピヨン ブリーダー 兵庫 6, 岩国 パン屋 ボナール 9, 婚活 ブログ アラサー 8, シリコンゴム 紐 ホームセンター 6, Regza Z700x 再起動 9, 航空 自衛隊 術科学校 きつい 7, 車 天井 アルカンターラ 4, 平面計画 マスター シール 一戸建て 例 5, クボタ 春闘 2020 4, 岸優太 ジャニーさん エピソード 21, 水道使用量 平均 一人暮らし 4, Kasouken No Onna 5, Bmw コンピューター 故障 4, ソリオ 荷室 棚 4, テレビ Usb 再生 パナソニック 4, Uipath Datatable 型変換 31, 殺処分 減少 理由 6, Ielts 高校生 平均 4, 差し歯 違和感 やり直し 14, 庭 砕石 デメリット 7, 海外 医学部 入学 時期 5, Aterm オレンジ 点滅 7, Aleman スペイン語 複数形 7, 楽天 Ideco 商品 5, 仮面ライダー ジオウ 視聴率 12, 朝の風景 歌詞 劇団四季 4, Css 画像 斜め トリミング 5, 守ろう地球環境 Cm かぐや姫 誰 6, Arduino Digitalread 不安定 34, 犬 虫歯 見分け方 8, 告白 保留 返事聞き方 12, S1000rr フルエキ 交換 4,